【映画】のんのんびより ばけーしょん 感想

本日3度めの「のんのんびより」の映画「のんのんびよりばけーしょん」を観てきました。
公開初日に池袋のサンシャインシネマで上映&舞台挨拶で1にゃんぱす、その日の夕方に友人と2にゃんぱす、そして本日3にゃんぱすです。
舞台挨拶であやねるが「スキがない」と言ってましたが、本当にそのとおりだと思います。笑って笑って最後にホロリと泣かせる、子供のときに1度は経験したことがあるであろう、ひと夏の体験を思わず思い出してしまう、そんな素敵な映画です。

そもそも「のんのんびより」って?

そんなひとはいないかもしれませんが「のんのんびより」は、あっとさん原作の田舎を舞台にした日常系コミックと、それをアニメ化した作品です。現在コミックが12巻、アニメが1期12話、2期12話、コミックについてきたOADが2話あります。田舎に引っ越してきた一条蛍(小学5年)、その分校「旭丘分校」の宮内れんげ(小学1年)、越谷夏海(中学1年)、越谷小鞠(中学2年)が物語のメインキャラクターになります。

いわゆる聖地的なものはいくつか取り上げられていはいますが、オフィシャルとしては特定の場所は特に明言してはいません。今回の舞台挨拶でも、あの場所は「のんのん村」だそうですwこれは監督である川面監督が、意図的に場所が特定できないように意識していたそうです(劇場版パンフレットより)。なので、今回の劇場版となった沖縄編について、TVアニメでは原作として人気がある回とは分かっていてもあえてやらなかった、やれなかったと答えています。

今回、TVアニメでは意識して場所の特定を避けていたのとは異なり、劇場版ではその壁を取っ払って逆に実際に行ける場所として作ったとのことなので、のんのんファンはガッツリ聖地巡礼できますね。聖地巡礼の場所的には石垣島と竹富島。ちなみに作中に乗っていた飛行機も色的にLCC、てかあれ完全にピーチですよね(笑)

劇場版「のんのんびより ばけーしょん」は原作をベースにしつつ、全く新しいストーリーが展開した

今回の映画は原作ではコミックス6巻~7巻に掲載されてます。アニメ見てる人にわかりやすくいうとムシムシパラダイスのお話の次がこの沖縄編になります。
沖縄編は、今回がはじめてのメディア化ではなく、OADの1回めが沖縄編の飛行機が飛ぶまで作られており、またドラマCD版では沖縄編がまるまる入っています。


原作ではいきなりデパートからスタートしますが、劇場版ではその前段階の先生と駄菓子屋の車に乗り込むところのシーンが追加されています。れんちょんのデパート連れてってオーラに駄菓子屋が負けて全員車に乗せて連れて行く、という実にのんのんびよりらしいエピソードが追加されています。

代りにデパートのエレベータのシーンとか、空港のシーンとかはサクッと削られちゃってます。こまちゃんが金属探知機に引っかかるという個人的にとても観たかったシーンが無くなっちゃってたのは悲しいものでした。

そして、今回の劇場版で大きく違うのが、宿泊先がホテルではなくペンションになってる点。このペンションは夏美が見つけたことになってます。そしてペンションには夏美と同い年の女の子あおいがいます。そう劇場版は舞台が沖縄というだけでなく、このあおいという女の子とのんのんびよりのメインキャラクターの絡みという原作には全くない展開が待っていました。
私は最初に観たとき、誰ぞこれ?と戸惑いながら観てましたが、最後には泣いてました。まさかこの沖縄編でなっつんと同じく涙を流すなんて思ってもみませんでした。

原作を読んでる人やドラマCDを聞いたことがある人だとわかりますが最後になっつんが、こんなに楽しかったのにまだ帰りたくない、って泣くのをれんちょんがなぐさめるんですよね。これは中1のなっつんを小1のれんちょんがなぐさめるという笑えるシーンのはずだったんです。が、今回の映画はガッツリ泣かせにきたんですよ。なっつんの涙に共感して泣いちゃいますよ。反則です。

ああ、反則といえば、のんのんびよりの反則キャラひか姉も健在です。今回も出てくるたびに場を持っていきます。ひか姉がでると、全部意識がひか姉にいっちゃうんですよね。オチ担当というか、ずるいですね(笑)

てかぶっちゃけ今回の映画はなっつんのお当番回みたいなもんです。nano.RipeさんのOPである「あおのらくがき」も一見れんちょんぽいですが2周目ちゃんと聞いてると、これなっつんの気持ちを汲んだ歌だなと感じます。もっとも、なっつんをメインにしつつ、それぞれのキャラクターの個性が出てますし、何より今回は小毬がとてもお姉ちゃんやってるんでそれが観ててものすごく微笑ましいです。

OP「あおのらくがき」


あおのらくがきはこちらのCDに収録されてます。


そんなこんなで、3回も観にいっちゃってるわけですが、終了するまでまた行きそうな気がします。5にゃんぱすくらいまでは行くかもしれません。

劇場版観に行ったらもらった色紙。左2枚が第1週の特典、右が3週目特典。

舞台は石垣島と竹富島。泊まったペンションは…

宿はスタッフロールを見ると「やど家たけのこ」となってますね。
調べたら、まんま映画と同じですw

やど家たけのこ

れんちょんが描いた灯台も、「石垣 最北端 灯台」で調べたら平久保崎灯台ということが分かります。かなり明確に聖地巡礼もできそうですね。

聖地巡礼するための格安な方法を調べてみた

せっかくなので、どうやって石垣島に行くのがリーズナブルなのか調べてみました。

格安で行くならLCC使うのが基本ですね。ANAやJTA(JAL)なら倍近くになりますので。。
ただ既存の航空会社でも2ヶ月以上先の便を利用することで数万円安くはなります。さらに今からはオフシーズン。石垣のシーズンは大体7~9月なので、10月以降は飛行機もホテルも安くなってきます。

ちなみに12/1(土)で調べたら成田発-石垣着でバニラで片道たったの9,060円!お安い。
同日のANAは13,290円~22290円、JALは23,690円でした。

調べたのはこちら。日付と場所を設定して価格比較できます。

カテゴリーアニメ