【ドラマ】ほんとにあった怖い話 夏の特別編2005を見返してみる。

ほん怖が楽しみすぎるので、過去の作品を見返すことに。
折角だから公式サイトにあらすじが無い作品もあるので、補間すべくあらすじを書いておこう。

ほんとにあった怖い話の本編が終わって、夏の特別編のような特番形式になったのは2005年から。
正確には1期と2期の間に心霊写真の特番があったけど、今のような形になったのは2005年の夏の特別編から。

ほんとにあった怖い話2005は京都ミステリーツアー

2005年は「京都ミステリーツアースペシャル」というタイトルで青木さやかさんがゲスト。外に飛び出しちゃったら座敷わらしくんはどうなっちゃったんだろうかと、ふと思った。

心霊ドラマ「乗せて…下さい」

最初の心霊ドラマは『乗せて…下さい』(出演:井上和香)
社会人一年目の女性が帰り道、自転車に乗って走っていると墓地の前でビチョビチョに濡れた制服の女の子を見かける。素通りしたはずなのに「乗せてください」と聞こえ、後ろからぬるっと手が。勝手に走り出す自転車。その後、自転車が突然止まった場所は中学校。女の子は「ありがとうございました」と言って中学校に消えていった。

フィールドワーク「豆腐料理」

特別編は本部を離れてのフィールドワーク。
個人的に、この2005年の回が一番面白かったと思う。豆腐料理を食べるシーンで
「心も体もヨゴレいてる青木さんはたくさん食べなきゃねw」
と子役の子に言われる青木さんは
「超うぜぇ、子供超うぜぇ」

辛子をのりで巻いてる練薬味を入れた豆腐がめっちゃ美味そう。
予想外の辛さにびびる五郎さん。

心霊ドラマ「心霊写真」

2本目の心霊ドラマは『心霊写真』(出演:山本耕史)
ほん怖のADさんが体験した話らしい。幽霊を全く信じていないADさんが、届いた心霊写真にツッコミを入れながら選別。「写真を見てぞっとしました」という手紙に「はがきの数がぞっとするわ」とつぶやくシーンは本音かw
そんな最中、写真だけの投稿が。連続写真の投稿のようだが、だんだんと真ん中に映ってるものが見えてくる。ただの女性のようだが・・・
その時窓から風が入り写真が飛ぶ。
ふと窓の外を見ると、写真と同じ風景。写真を拾うと女の子が消えていて、振り返ると窓の外に女の子が立っていた。

フィールドワーク「三宝寺のほうろく灸祈祷」

フィールドワークに戻って、三宝寺へ。
三宝寺のほうろく灸祈祷を体験する五郎さん。
暑さのあまりにメガネが曇るw

恐怖幽便「黒髪の女」

1本目の恐怖幽便は『黒髪の女』(出演:松浦亜弥)
(恐怖幽便と心霊ドラマは違うらしい。)
骨折して家で留守番してた女の子。
向いの家の前のインターホンを押しまくってうるさい黒髪の女性が。
なぜか毎日押しに来るので、いい加減切れて注意する。
すると今度は自分の身の回りに女の影を感じるようになる。
ある日、母親の帰りが遅くなり夜一人でいることになった女性は怖くてベットにもぐりこんだら隣に女性の霊が。
こ、怖ぇ・・・。久しぶりに見たからすっかり忘れてた。

五字切りきたー。青木さん、うめぇなぁ。
下ヨシ子w最近見ないなぁ。

「隣の家のインターホンが聞こえるわけ無いでしょ」
・・・ああ、なるほど。
嘘つきの人はきつねの霊、執念深い人は蛇になるらしい。
青木さんは来世で蛇になると言われたw

若手から「五郎さんは誘いづらい」って言われたと青木さやかさんがぶっちゃける。
帰り際が冷たいらしい。
なんとなく、分かる。

フィールドワーク「お菓子作り」

フィールドワークに戻って「お供え物のお菓子をつくろう」
甘春堂で鬼灯の和菓子をつくる体験。
白あんをういろうで包んだお菓子だと・・・絶対うまいわ。
子役に「気の利いたコメントを入れろ」と突っ込む青木。

甘春堂の和菓子

「ホントはお菓子を作るより料理作るほうが楽しいよね」と吾郎さん。
……眼の前に、その和菓子職人さんがいるんですけど。。
あかんやろ、それ。

五郎さんの作った鬼灯をみて「ピーマンに似てますね」と職人さんに嫌味を言われるw
食後、おもむろに茶碗を食べ始める青木さんwお菓子だけど、食い方やばい^^

恐怖幽便「格安物件」

2本目の恐怖幽便は青木さんの実体験『格安物件』(出演:青木さやか)
東京ダイナマイトの松田大輔とコンビを組んでいたころの話。
東京に出てきたばかりの青木は物件を探す
「都心で駅から5分、2LDKで5階以上、家賃4万」で。
無茶な要望を出す青木に不動産屋さんが怒りながらも提案した物件は突然音信不通になった歯科技師の部屋。
もし戻ってきたら部屋を返すという条件で、部屋を借りることになった青木。
ところが、翌日から青木の身の回りに良くないことが起こり始める。

ちなみにこの話、稲川淳二のDVD「淳二稲川のねむれない怪談2」に松田が語りで収録されてます。

淳二稲川のねむれない怪談2


青木さんが取り憑かれてるってことで除霊開始

うちの近所にももう10年近く空き家の物件がありますよ。
他との家賃相場から3~5万くらい安いんですが、ずっと貼り出されてるのでなんか怖い。
なお、事故物件の検索は「大島てる」というサイトがありますので、結構簡単に見つかります。

フィールドワーク「安倍晴明蘇生図の鑑賞」

フィールドワークに戻って安倍晴明蘇生図をみるほん怖メンバー。
隠し絵の現世の悪行が暴かれる鏡を見て
「地獄行き決定の青木さんだったら何が映ると思いますか」というほん怖メンバーに
「お前馬鹿だろ」とマジギレの青木さんw
いいコンビ。

心霊ビデオ「死神」

3本目の心霊ビデオは『死神』(出演:武田真治、伊藤裕子)
3日間生死を彷徨って意識を取り戻した男は、入院中、病院で黒い影を見るようになる。
「黒い影の近くにいる人が死ぬ」
そんな出来事が立て続けに起きて、うなされた男が深夜、家族に電話をかける。
子供が書いた絵を見ながらかけていると絵の中に黒い影を見つける。
ふと隣を見ると黒い影が徐々に近づいているのが見えた。
必死に逃げる男がたどり着いた先は、霊安室だった。

青木さやか、再び除霊…

再び浄霊シーンに戻る。
終わった青木さんは清々しい姿に。
どうやら生霊がいたらしいw
「もしかして生まれて初めてこんなに楽しいかもしれない!」だとさ。

そういや稲川さんがこんな事言ってたの思い出した。
「浄霊はいいけど除霊は駄目。霊に対して挑戦してるんだから。お札なんて挑戦状。除霊なんてのは誰もできない」
青木さん、大丈夫かな…

カテゴリ