コミック

【雑誌】つり人2020年5月号は「放課後ていぼう日誌」コラボ

前の記事で冒頭に書いた今期放送開始されるアニメ「放課後ていぼう日誌」。「女子高生+趣味モノ」ジャンルの作品で、本作の場合は『釣り』です。関東から父親の故郷である九州に引っ越してきた、この春女子高生になる鶴木陽渚(つるぎひな)が「ていぼう部」に入るところから物語がはじまります。釣りをテーマにした本作と、釣り雑誌の「つり人」がコラボしてたので買ってみました。

放課後ていぼう日誌を見開きで紹介

見開きで見どころやキャラクターの紹介がされてました。具体的なエピソードみたいなのは特にありませんでした。

ちょい釣りの紹介記事がありました。個人的には陽渚が最初に釣りにハマるきっかけになったサビキの記事とコラボった方が初心者にはとっつきやすいかも、と思いました。私もそうでしたし。(たぶんいきなりゴカイを千切るのはそこそこのハードルな気が…)

戻りカレイの釣りやサビキの針の話など

そういえば、先の記事に書いたカレイ釣りって春だったかも…。じいちゃんと釣り竿とバケツを堤防に持っていって釣ってました。堤防から釣っても写真みたいなサイズのカレイが釣れるので楽しかった思いがあります。

ただ、でかすぎてバケツに入らないため、釣れたら真ん中でボキッと折ってバケツに突っ込んで持って帰ってました(笑)雑誌にもありますけど、カレイのエサって本虫ですよね・・・久しぶりに触るの抵抗あるなぁ。。漫画にはニセのゴカイが出てきてましたね。

サビキの記事。こちらも漫画でありましたね。陽渚が一人でサビキ釣りに行くものの、みんなで釣ったときのようにうまく釣れない。で幼馴染の夏海を呼んだら、サビキの針のサイズが違うから変えろと教えてくれるという話。子供の頃はサビキ釣りは数えるほどしかやったことがなかったので、そうなんだと思いながら読んでました。

他にも釣り場のポイントとかも載ってて読んでて楽しいですね。紙質もいいしほぼフルカラーだし、これで1100円ってお得だなぁ。ゲーム雑誌も見習って欲しいもんだ。

つり人 2020年5月号 (2020-03-25) [雑誌]

他にもある「女子高生+趣味もの」の漫画

「ゆるキャン△」や「放課後ていぼう日誌」以外にも女子高生+趣味もの漫画って一大ジャンルになってますね。女子高生+軽音楽部でブームになった「けいおん」も、もう10年以上前と思うと時代を感じずにはいられません。。

私が気になってるこの手のジャンルをせっかくなので紹介

罠ガール

電撃マオウにて緑山のぶひろさんが書いてる漫画です。タイトルから想像される通り「女子高生+猟師もの」の漫画になります。猟師といえばイノシシを罠仕掛けて殺したり、鹿とか熊とかを山に入って処分するような、そんな「猟師→積極的な狩り」のイメージしかありませんでした。

これを読んで、ああ農家の人が害獣駆除を目的とした「守りの狩り」というのがあるのかと、目からウロコでした。私の実家もじいちゃんの代は兼業農家をやってましたが、ぺったんこな平地のため害獣駆除っていうのはせいぜいカラスくらいでしたから。


スーパーカブ

トネ・コーケンさんが書いている角川スニーカー文庫のライトノベル、漫画もコミックNewtypeにて連載中です。こちらもタイトルを見れば一発でわかりますね。ええ。ホンダのスーパーカブ+女子高生という、なかなかの組み合わせの作品です。

父は他界、母は失踪、というとんでもない境遇の中、奨学金で山梨で一人暮らしをしながら高校生活を送っていた主人公が、原付に興味を持ちカブを買ったことで生活環境が変わっていく、そんなお話です。主人公があまりしゃべるようなタイプではないですが、芯がある性格を持った女の子で、静かな時間の中、物語が進む感じがいい雰囲気の作品です。

追記(20/05/09)→アニメ化決定しました!

電子書籍配信中

※電子書籍配信調査 2020-05-09

ABOUT ME
makapy
ゲームと本と映画が好き。日常の生活で買ったり使ったものを紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)