零~刺青の聲~プレイ日記(8)「七ノ刻 浮獄(フゴク)」

主人公はお気に入り深紅ちゃん。
しかーしあんまり喜べない。
なぜなら。
怜→怜→怜→深紅→蛍→怜→深紅・・・
もしかして八ノ刻はジェニファー蛍デスカ??やだ。
一抹の不安がよぎるなか、七の刻をプレイするのでした。

スタートは御簾の間の奥の部屋。
まず台座を調べます。
なんか4つ石が欲しくなりますね。
六ノ刻は4つの形代を解放するのがメインでしたが、
今回は4つの石を探すのがメインです。
石の名前は「鎮メ石」。まんまです。
部屋を出る前に青光りしてるとこをとっときます。
部屋を出て廊下を進むと画面が切り替わり縁の下が
クローズアップされるので調べると中に入れます。
進むと固有能力「重」をゲットできます。超便利です。
そのまま先に進むと敵が出ます。かなりビビります。
本気でビビります。
しかもスピード早っ!攻撃力が弱いのが救いです。
ダメージを受けつつ無視して進んでいきました。
すると下に向かう扉が現れます。
降りると祭壇があります。
そこに鎮メ石「浅葱」をゲット。
戦闘がありますがさくっと倒します。
降りた先と反対側に出口があります。
中に入ると、前回覗いたミイラの間に出ます。
ぶら下がってます。きもいです。
適当に撮影して出口を空けると戦闘です。
あけたらいきなりいましたよ。アポとってほしいです。
さくっと倒して先に進み箱庭の回廊へ向かいます。
箱庭回廊にある屈み戸が光ってるのでそれを撮ります。
前回歩いた梁の上をまた渡り、その先の部屋の覗き穴を
また撮ります。
これで屈み戸の封印は解かれますので中に入ります。
祭壇に鎮メ石「群青」があるのでゲット。
染みのある回廊に向かい、怜が途中までしかいけなかった
通路を四つんばいになって進みます。
で、案の定同じように四つんばいになってるやつがいます。
今回は普通に正面から攻撃してきてくれるので
固有能力で時を遅くしてフェイタルショット。
簡単に倒せました。
進むと部屋に出ます。鎮メ石「緋」を入手。
で、出口から出ると長い階段があります。
途中二体巫女がでますが、部屋に戻ると消えました。
最後の石は割り笹竜胆の鍵を手に入れた祭壇にあります。
鎮メ石「鶸」をゲット。
最初の部屋に戻ります。
鎮メ石のパズルの答えは
「浅葱」、「鶸」、「緋」、「群青」です。
歌覚えてませんでしたが音楽聴いてつなぐだけなので
何となくで解けちゃいました・・・。
部屋出ようとすると戦闘です。
逃げ回って距離とって襲い掛かってきたらフェイタル。
常道で勝てます。
で夢が終わります。
深紅の部屋で深紅に話しかけます。
で夜が終わり、朝再びリビングで深紅に話しかけます。
手紙がきてるので読むとテープが入ってます。
部屋でテープを聴くと夜になります。
で眠ると八ノ刻です。

この記事を書いた人:makapy

ゲームと本と映画が好き。日常の生活で買ったり使ったものを紹介しています。

カテゴリ