ゲーム

零~刺青の聲~プレイ日記(2)「一ノ刻 徴(シルシ)」続き

習慣化しつつある土曜朝のプールから
帰ってずっとやってました。
気がついたら6時回ってた・・・。
参の刻まで終了し、次は四の刻。

深紅ちゃんにプレイヤーがチェンジしました。
とりあえず、ここで一息つくことに。
前回終了時は2夜目手前だったからそこから。
ベットで寝ると再び眠りの家の玄関だった。
このターンは1F左の6部屋仕切られた
左上の部屋から入る場所がメイン。
その部屋に入るとセーブポイントがあったのでセーブ。
階段を上ると、上り階段と下り階段がある通路にでる。
浮遊霊が出るのでその先へ行くと
青光りしている扉があるのでショット。
戻って奥の下り階段を下りると、
部屋の隅が赤く光るのでショット。
これで青光りしていた扉が開きます。
その近くに「報」があるのでゲット。
奥の扉を調べる。この時点では開けられない。
それにしても、この作品、前作と違って
襲ってこない霊までフィラメントが赤く光るんで、
よく撮り逃してしまう。赤=敵って染み付いちゃってるから、
すぐにショットしないんだよね。
フェイタル探すから。で、気づいたら消えてる・・・。
「報」ゲットしたら今度は3階へ。
石の仕掛があることを確認。
ついでに61式を入手。
この辺で通路に攻撃霊が出るかもしれません。
霊への基本戦術はファインダーモードにして
襲い掛かってきたら左スティックで
後方に移動しつつショット。
簡単にフェイタルショットできます。
あと、7式と14式は夢が終わると規定枚数に戻るので
極力14式を利用してポイントを稼ぎます。
恐ろしいことに規定枚数以上ゲットしても戻ってました・・・。
浮遊霊で閉ざされてた扉を開き、奥に進むと女性が座ってます。
話す前に、隣の寝室に入り61式をゲット。
(この寝室、あとで閉ざされるので今のうちに取っときましょう)
女に話しかけた後、部屋から出ようとするとイベントが発生。
で、この夜は終わりました。
起きて降りるとキッチンに深紅のメモが。
読んで部屋を出ようとすると深紅から電話。
ジリリリリリって・・・。最近聞かないな(^^;
イベント後、2夜へ。
2夜は、前回最後に会った女の場所へ。
お決まりパターンでさっくり倒して次の日へ。
眠ると弐の刻がスタートしました。
わざわざ簡易フローを書かなくてもいいような
気がしてきましたが・・・まぁいっか。

ABOUT ME
makapy
ゲームと本と映画が好き。日常の生活で買ったり使ったものを紹介しています。