【PS2】零~zero~ プレイ日記(1)

私がPS2を買う動機になった私的記念碑ゲームのPS2「零~zero~」を何となく開始。
すでに何回もクリアしてはいるんですが完全クリアのセーブデータはPS2。
PS3でプレイして完全クリアデータを持っておきたいなぁと。
つれゲーの第3弾もこのゲームで多分今月か来月に出るだろうし、というのも始めた理由だったりします。

現時点で、すでに1周目はクリア&ミッションモードクリア状態。
なので、ゴーストリストコンプへの条件は全て揃ってます。
ミッションもオールクリアしてるので特殊装備「無」も所有済み。
90式フィルムを気にすることもなく無双モードでプレイできます。
実はこの夏にPS2の零シリーズをすべてやり直しているので、なんかそこらにあるバックストーリーが見え隠れしておもしろいですね。
やっぱり零はシリーズをクリア後に更にもう一周やるのがいいと思うんですよ。
というわけでプレイ開始しました。
序章は主人公の美紅の兄、真冬を操作します。
序章のストーリーはこんな感じ。
駆け出しのジャーナリストである真冬が知人の作家、高峰準星の失踪を調査すべく、最後に立ち寄ったと思われる氷室邸に向かいます。この氷室邸は、十数年前も一家惨殺があったいわくつきの場所。真冬は、ここに立ち寄るにあたり、この世のものならざるものを写すことが出来る射影機を持ってきています。射影機は母の形見。
(母、美雪は首をつって自殺しています。父は本編は全く出て来ませんが旅先で事故死しているようです。)
真冬はこの屋敷の中で高峰の影を追いかけるように奥へ奥へと進んでいきます。
序章はチュートリアルステージなので難しくはありませんが、今回の目的はゴーストリストを埋めること。
ここから攻略です。
玄関
アイテム「14式フィルム」入って右奥
地縛霊「背後に立つ子供」スタート地点から左に向いて木の格子の奥
縄の廊下
浮遊霊「縄の廊下の男」玄関から出て縄の廊下に入ると正面の鏡の前を横切る。
囲炉裏の間
浮遊霊「階下を見下ろす男」階段に近づくと二階からのぞき込んでる。
地縛霊「怒りにみちた男」わかりづらい。柱時計の右の壁にフィラメントが光るけれども、その壁の少し右に奥に進むところがあって、その奥の本棚の上にいる。
二階に登ると光っているアイテム「高峰のノート」入手
その後、戦闘「縛られた男の霊」。
チュートリアル戦闘なので強くはない。
戦闘後、2階奥へ進もうとすると1階に高峰の霊が歩いている。
が、どうやっても撮影ができない。ゴーストリストにないから関係ない?
縄の廊下に出るとムービー。
ここで序章は終了です。
【PS2】零~zero~ プレイ日記(2)

カテゴリーゲーム , 零~zero~