【書籍】貴志祐介「悪の教典」 レビュー

貴志祐介さんの悪の教典、上下巻読了しました。おもしろすぎて駆け足で読んでしまいました。
以後、感想(レビュー)ですが、もろネタバレしてます。

カリスマ先生、実は殺人鬼でした。

『サイコパスであるハスミンこと蓮実先生がカリスマ先生として教師や生徒に慕われていながら裏で情報操作して自分の好きな世界を創り上げていく』
といった内容です。

上巻はまだ静かな殺人鬼。読んでいて不謹慎ながら殺しちゃうのかな殺しちゃうのかな?
とちょっとワクワクまじりで読んでたんですけど……
下巻……血の海でした。

真相に手が届きつつあった生徒、圭介をハスミンが殺害。その圭介の携帯でやった情報工作を完全に奴隷化した美彌が目撃。そして美彌殺害を計画、実行に移したら別の生徒に発見され。そこから殺戮ショー。

木の葉を隠すなら森の中、死体を隠すなら死体の山を築けばいい

ってことで散弾銃で生徒40人を片っぱしから殺害していきます。美彌を殺すときは、マジで殺すのか……と思ったんですが、そこはやはり本人も気づいていないためらいが。彼からしてみれば、せっかく完璧に奴隷化した生徒を殺すのは惜しい、というだけだったのかもしれませんが。。

ラストどうなるかなぁと思ってたら、まさかの生き残りエンド。絶対、自分の作った罠にハマって死ぬと思ってたんだけどなぁ。めちゃめちゃ頭のいいハスミンが、あの雄一郎の罠にサクっとハマったのは少々解せないところではありますけど。

貴志祐介作品中最強キャラ、怖いけれども憎めないサイコパス「ハスミン」生まれる

それにしても今回の悪の教典の主人公であるハスミンこと蓮実先生は、貴志祐介作品最強のボスキャラでしたね。

父親が医者という環境で(殺すために)医学知識を身につけ心をエミュレートすべく心理学を身につけ、京大に学ぶべきものはないと1週間で退学して海外留学。アメリカの金融業界でトレーダーとして活躍しつつも謀略にはまり日本に戻り。。アメリカで身につけた英語力、ディベート力、そして射撃術で日本に帰って活躍(爆)するわけです。

外見がかっこいいっていうのもむろん重要だと思います。そんな人が実生活に溶けこんで、裏で人殺しまくってたらホント恐怖ですよね……。でもなぜかこのハスミンには怖さよりも痛快に人殺しを楽しんでいる様を脇で覗きたくなるような、不謹慎な感情を抱かずにはいられません。

ここまで露骨ではないにしても、ハスミンのような俗にいうサイコパスっていう存在は確実に存在するわけでリアルに考えるとやっぱり怖いんでしょうけどね。その辺のリアルな怖さがラストにそっと出てきてゾッとします。

この作品、唯一の救いはハスミンの奴隷になっちゃってた美彌が屋上から突き落とされてても生きてたってことですかね。

作品全体としてグロいので「新世界より」よりは読む人を選ぶかなと思います。けど面白いので読んで欲しいな。
傑作です。

悪の教典〈上〉 (文春文庫)
電子書籍配信中

※電子書籍配信調査 2018-12-09


カテゴリー

この記事を書いた人:makapy

ゲームと本と映画が好き。日常の生活で買ったり使ったものを紹介しています。

カテゴリ