【映画】空気人形 感想

映画「空気人形」観ました。
今回もまったく事前情報0です。
タイトルからおおよその想像がつきそうですが(^^;

人形、いいえ空気人形です。

人形が心を持ったら、なんてメルヘンなキャッチでアピってましたが、ふたを開けてみるとその人形が空気人形=ダッチワイフ、ですからね!しかもそのダッチワイフがペ・ドゥナですよ。
もう信じられません。そりゃ、いつも映画館の中央より後ろ側に席予約するんですが、今日は前よりでしたから(爆)

ラブストーリー映画?いえホラー映画のような…

さて、その肝心の映画ですが。
一言で言えば「ちょっと後味の悪いシュールな映画」です。

冒頭に流れるオープニングは少しずれた歪んだ曲で、微妙な気味悪さがながれてました。板尾演じる秀雄が空気人形に1人で語りかけ。のっけからかなり引いてました。。

その後、空気人形とのエッチシーン突入。軽く観にいったことを後悔しつつ。このあたり、微妙にホラーな感じが。

空気人形が意識を持ってあるき始めると秀雄といるときに人形の振りをするのですが、そのとき目だけがぎょろっと動いて
ぎゃー!
って感じですね。
ジャンルがラブストーリーらしいですが、これホラーでしょ。

全体としてはそれなりに面白いと思います。無駄に長いシーンやラストのいらんだろ、っていうだらだら流れるシーンは無駄。ないほうがさっぱり終われたと思う。ラストがバッドエンドなのはこの手の作品のお約束、ですね。
どういうバッドエンドかを観にいくのが一興かと。

カテゴリー

この記事を書いた人:makapy

ゲームと本と映画が好き。日常の生活で買ったり使ったものを紹介しています。

カテゴリ