フレッツ光が遅い!原因はYahoo!BBにあった…

約4年前、ADSLからフレッツ光に切り替え、快適なネット環境ができた!

その時の記事がこちら

と思っていたのですが、秋ぐらいから夜になると回線速度が以上に遅くなる現象が発生。
原因を探していたら、とんでもない事実が発覚しました。

フレッツ光のスピードが遅い!Googleのスピードテストで計測してみた。

夏ぐらいからGoogleで簡単にネット回線の速度を調べられるようになっています。

やりかたはGoogle検索で「スピードテスト」と検索するだけ。パソコンからでもスマホからでも可能です。便利ですね。

「速度テストを実行」というボタンを押せばOKです。

そして調べた結果はこちら

下り0.97Mbps / 上り3.49Mbps

やばくないですか?これ光回線ですよ?

光回線が「フレッツ光ギガスマートプラン」でプロバイダが「Yahoo!BB with フレッツ光」のプランです。ギガって何なんでしょうね。こんなのありですかね。

原因はフレッツ光?それともプロバイダのYahoo!BB?

フレッツ光にもオフィシャルのスピードテストがあります。なので、そちらでも計測してみました。

あれれ?フレッツ光だと446Mbpsも出てるぞ。

というわけで、この数値が正しいのであればYahoo!BB側に問題がありそうですね。

フレッツ光 → (446Mbps) → Yahoo!BB → (0.96MBps) → 自宅

回線速度を見る限り、上のような流れなのでボトルネックはYahoo!BBだろうと当たりをつけました。
そこで、Yahoo!BB光の回線が遅いという情報をたどっていくと、とんでもない事実が発覚しました。

Yahoo!BBでは特定の契約下にある人には低速回線が割り振られる?

IPv4とIPv6って何?

話を続ける前に、ちょっと前情報が必要なので少しだけ難しい話をしますよ。(まぁ飛ばしても大丈夫です)

「IPv4アドレスが枯渇する」という話は聞いたことがないでしょうか?

これは平たく言うと、ネット利用者が増えすぎて個別に振るための番号が足りない!という状態が起きています。

この問題を解決するために、番号の桁を増やせばいいじゃん、という解決策のもと作られたのがIPv6アドレスというものです。

IPv4アドレスを利用した回線では番号が足りないので、それを補うために中継ポイントを増やすなどの対策もとってますが、結果的に到着までのルートが伸びたり、情報を渡すのに多くの利用者が集まる中継ポイントでは渋滞がおきたり、という状態になっています。

要は大雑把な理解として「IPv4回線は遅く、IPv6回線は速い」ということだけでOKです。

現在の回線はIPv4 or IPv6?調べてみた

話を戻しまして、Yahoo!BB with フレッツ光でもIPv4回線とIPv6回線があることは調べてわかりました。

そこでまずはフレッツ光に現在の私の回線がIPv4を利用しているのか、IPv6を利用しているのか電話をしてみました。

すると、おそらくIPv4ではないか、という回答が得られました。詳しくはプロバイダさんに聞いて下さい、とのことでした。

どうも、IPv4かIPv6かの変更はプロバイダが握っているようです。プロバイダ側でIPv4にするかIPv6にするかが決まれば、その後フレッツ側で切り替えるとのことで、どちらでも対応できるというお話でした。

次に、Yahoo!BB側に電話をかけてみました。

するとこちらもおそらくIPv4かと思う。という回答をもらいました。
変更できるのかと聞いたところ「できます」と。

ただし「IPv6への変更は光BBユニットご契約の方のサービスになっています」と。

は?

「いや、光BBユニットって、ひかり電話のユニットですよね。IPv6と関係なくないですか?」

「そうかもしれませんが、そのようなサービスになっております。」

「てことは、IPv6に切り替えるなら月500円かかるってことですか?」

「はい、そうなります」

……あほくさ。
というわけで、電話を切りました。

まさか、全く意味のないと思っていたBBユニットにこんなフラグがあったとは……。

てかそれなら、なぜBBユニットの有無の際に説明しなかったんだろう。謎すぎる。

調査結果としては以下のようになりました。

フレッツ光が回線速度の遅延原因ではない
Yahoo!BB with フレッツ光で光BBユニットを契約しておらず、よってIPv6接続サービスに申し込みできない

さて、ここで私に残された選択肢は2つ

1.Yahoo!BBに追加で月額500円払ってBBユニットをレンタルし、IPv6接続サービスに申し込む
2.別の回線業者またはプロバイダを検討する

もうね、Yahoo!BBには心底愛想が尽きた。
Ybbメールがあるから延命してきたけれども、ここまでせこいサービスを続けるやつらに1円も渡したくない。

そういう気持ちでいっぱいでした。
なので、選択肢は唯一つ。2番一択。

そしていろいろ調べた結果、NURO光サービスを契約することにしました。
Nuro光に切り替えた話はこちら

カテゴリー

この記事を書いた人:makapy

ゲームと本と映画が好き。日常の生活で買ったり使ったものを紹介しています。

カテゴリ