【映画】ゾンビ・オブ・ザ・デッド

やっちゃいました。
完璧に地雷を踏んだみたいです。
バカ映画じゃないです。クソ映画です・・・。
間違いなく私的ワースト1映画。
誰にでも進められる最悪映画に出会えたことはある種感慨深いものが。

大学構内で謎の惨殺死体が。どうも民俗学の研究でマヤの遺跡に行った際に出くわし、仲間を次々と殺していったゾンビが原因かもしれないと分かる。が、次々とゾンビが生徒や教師を殺し、殺されたものもゾンビとなって動き始める。

いろいろツッコミどころ満載です。
マヤ遺跡で仲間が殺されまくって逃げ帰ってきたのに警察に連絡もせず放置している主人公は素敵。途中に入る観賞映画のような風景映像はいったいなんなのでしょう??

そしてもう一人の主人公?のゾンビ君は、相当アクティブ。
のんびりしつつもしっかり追い回します。
さらに武器を認識し、ナタで攻撃してきます。
極めつけはそのナタで攻撃したときの効果音。
普通ならグシャとかズチャとかいいそうなものですが、何を血迷ったか、この映画の切りつけるときの音はなんと銅鑼!
がしゃーんと鳴り響きます。

最後も倒しきれたのかどうかよくわからないまま終わっちゃいます。
そんな感じで間違いなくあまりのつまらなさに最後まで見るのにかなりの忍耐力が必要でした。
意図的に最低映画を見たい方以外には絶対にお勧めできません。


カテゴリー映画 , ホラー   タグ