ふるさと納税サイト「ふるり」を新規会員登録して使ってみた

もう年の瀬ですね。年の瀬といえば節税(笑)、かどうかはさておいて。節税対策に使える「ふるさと納税」が気になりつつも未だに使ったことがありませんでした。もったいないので試してみました。
今回は、ふるさと納税サイト「ふるり」を使いました。

 

ふるさと納税は本当に節税になるのか?面倒くさくないのか?

「ふるさと納税」って、そもそもなんで節税になるのかもわからないし確定申告とか面倒臭そう、と思っているかもしれませんね。私もそうでしたし。なので、そのあたりを書いてみます。

ふるさと納税とは、誤解を恐れずシンプルに言うなら「2千円で寄付金額分が所得税と住民税の控除対象にできる制度」です。ふるさと納税として支払った金額(寄付金)が5万円の場合、48,000円分、所得税と住民税が安くなります。

さらに今では「ワンストップ特例制度」というのが出来たおかげで、1年間の寄附先が5自治体以下なら確定申告が不要になりました。普段、確定申告とは縁遠いサラリーマンも、めんどくさい手続きが不要なので、もはや自分が損したくないかどうか、だけなんですね。

ただし、ふるさと納税の控除には上限額があります。納税額により決まっていますが年収3~400万なら3万くらいまでなら大丈夫です。詳しくは下記ページで簡単に調べられます。
控除限度額の早見表
控除限度額早見表

ふるさと納税「ふるり」公式ページ

ふるさと納税「ふるり」の会員登録方法

以下のリンクから「ふるり」を開きます。
「ふるり」公式ページ

赤丸のところがメニューなのでクリック

新規登録をします。

使っているメールを記入し、パスワードを決めて、生年月日を入力。

確認メール送信をクリック

確認メールが届くのでURLにアクセス

登録が完了します。ついでに住所を登録しておくと、ふるさと納税を申し込む時に毎回住所の入力をしなくてすむようになります。

ふるさと納税の品を探して申し込んでみた

うなぎが好きなのでうなぎを選んでみました。

寄付カートに入れます

今回は1個だけ選んで先に進みました。手続きに進みます。

内容を確認して寄付手続きへ

名前や住所を入力します。すでに登録済みなら、自動で入っているはずです。

クレジットカード払いにしたので、支払いに進みます。(年の瀬なのでクレカ払いのほうがよいかと)

クレカ支払画面へ

クレジットカード情報を入力します。

支払うボタンを押せば完了です。

決済後に「「ふるり」決済完了のご連絡」というメールが届きました。
これで完了みたいです。

めちゃくちゃ簡単じゃないですか。いままでやってこなかったのは本当にもったいないと思いました。

年末までに他にもいくつかやっていこうと思います。

 
 

カテゴリ