逆転裁判 蘇る逆転 クリア

4章までクリアするのに妙に時間がかかってしまった。
まぁ、応援団やったりカドケやったりと脱線してしまってたけど。。
さすがに10回以上クリアしてるゲームはインターフェイス変わっちゃうとやっててきつい^^;
とりあえず、ボタン押下時のタッチパネルのチカチカだけでもなければやる気がでるんだけどねぇ。
何はともあれ、第5章も無事クリア。

さすが新シナリオ。
それまでの4章とは打って変わって、キャラの表情が豊か。

この章では、シリーズ初の科学捜査が可能に。
ルミノールを吹き付けて血痕を探して、アルミ粉でポンポンとたたいてふーと吹けば指紋検出一丁上がり。
はじめ、どれだけやっても指紋が取れなくて頭くらくらしてた。
どうもこれでもかって位にアルミ粉を振り掛けてやれば一息できれいに出来るっぽい。
この科学捜査以外にも、ムービーでの矛盾探しや証拠品の3D分析など、なかなか新要素がいい感じだった。

と、移植+おまけとしてはまあまあ満足。
もうこのシリーズも3まででてるんだから、そろそろ小さな新要素だけじゃなく大き目のシステムバージョンのアップを期待したいなぁ。
いつまでも解法が一本道じゃあねぇ。
あみだ式のいくつかの解法を用意して真相達成度とかのポイント制にしちゃって一定以上達成してたらシナリオ進めるようにして欲しい。
やってて他の解き方出来るだろってのがあってちょっとイライラするんだよねぇ。
そこ気づくだろ、って。
戦記シミュレーションでよくある感じで、真相達成度でシナリオが分岐したりとかね。

負けるってのもありなんじゃないかな。
勝ってばっかだからあんまりハラハラしないし。
負けることで生まれるストーリーもあるはずだしね。
そんなゲームなら楽しめるゲームから遊べるゲームになると思う。

これで対戦可能なミニゲームを2つ3つ入れてればもう完璧なんだけど。
あと2,3ヶ月もすれば新作発表してくれることを期待。
WindowsMeみたいにこれで資金調達&共通モジュールも出来たことだろうし(爆

にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

コメントを残す


コメントは承認後に反映されます。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)