零~刺青の聲~プレイ日記(33) 2周目。十三ノ刻のメモ

もう少しで終わる。
今のところ抜けは4枚。
このままで終わらせたいところ・・・

13章は割れた鏡の欠片を探して刻宮に向かい、当主を倒して奈落へ、って流れ。

で鏡の欠片は
・映写室
・御簾の間
・吊り牢の間
・木像の間
・箱庭回廊
にあるんで、これをとりつつ霊リストを埋めていくことに。

で、灯火もやっぱり重要。前の記事の灯火リストを見ながら進んでいくことに。
囲炉裏の間から回廊へ。

覗き穴の中をショットすると
151:残された儀式
152:残された儀式
をゲット。

4:久世夜舟
階段廊下から回廊に入って、すぐの御簾の内側を障子の隙間からショット。
階段廊下3階から瓦を伝って囲まれた部屋へ。
降りていくと飛んでる巫女がいるけどそれを無視して、横たわっているやつをショット。

153:鎮女の最後

154:鎮女の最後

鏡の欠片をとりに木像の間へ。

15:刻まれなかった女

木像の間の祭壇の左に立てかかっている人形をショット。
箱庭回廊へ行くと木の下に巫女がいる。最後の欠片をゲット。
鏡ができるので刻宮へ。

136:社へ消える女
社の入り口をショット。

137:御簾の中の女
刻宮の扉を開けてちょっと進んでファインダーモード。
進みすぎると戦闘になっちゃいます。
あとは進むだけ。

にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

コメントを残す


コメントは承認後に反映されます。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)