【PS3】YLOD再発。起動せず→復旧。

4月末に発生したPS3の故障、「Yellow Light of Death(通称、YLOD)」が再発しました。

これまでの流れ。
【PS3】故障から復旧まで(1) 突然電源がつかない現象「YLOD」が発生した
【PS3】故障から復旧まで(2) PS3最悪の故障「YLOD」
【PS3】故障から復旧まで(3) 荒業「ドライヤーで温める」
【PS3】故障から復旧まで(4) YLOD独自修理業者の存在
【PS3】故障から復旧まで(5) ジャンクマンに依頼→復旧
ジャンクマンという独自の修理業者にお願いしたわけですが、1ヶ月ほどで再発、保証期間内でしたので再び再修理依頼を出して先日無事に戻って来ました。
先に断っておきますが、別にジャンクマンが悪いというわけじゃないと思ってます。
そもそもYLODの発生はハンダクラックが原因と言われていて、これをどう修理されているかは分かりませんが何らかの方法ではんだを付け直して起動チェックをした上で返品、こちらでも起動が確認できていますので。
やはり、このYLODに関しては、発生したら素直に諦める、無駄な抵抗はしない、というのが正しいように思えます。
どのくらいの確率かは分かりませんが、直しても再発する可能性があるので。
(ネットで調べると、長くて半年くらいで再発している人がいるようです。短ければ数日。)
ということは、よっぽど見たい番組をトルネで取ってる人以外は、メーカーに基盤交換を依頼したほうが懸命ですね。
独自業者に依頼したらセキュリティシールが剥がされるので、一切の保証は受けられなくなりますから。
なお、トルネのデータは新しいPS3へ転送ができないと思ってたんですが、バックアップユーティリティを使うことで別のPS3で再生ができるみたいな書き方が公式でありました。
PS3 データのバックアップ方法/データ転送方法 | PlayStation.com
おかしいなぁと思ってソニーに問い合わせたらこんな答えが帰って来ました。
>「トルネ」を使用して録画した番組を別のPS3でご覧いただくためには、PS3の「データ転送ユーティリティー」という機能を利用して、HDDに保存されているデータを新しいPS3に一括で転送していただく必要がございます。恐れ入りますが、「バックアップユーティリティ」をご利用いただくことで、「トルネ」の番組データを新しいPS3に引き継ぐことはできません。
>また、「トルネ」で録画した番組は、録画時の「システム・録画データ」がPS3本体の内蔵HDDに保存されていなければ視聴・認識することができません。これは、外付けHDDに録画した番組も同様でございます。
うーん、よくわかりません。
バックアップユーティリティーではトルネのデータは引き継げない?けれどデータ転送ユーティリティでは引き継げる、ただし本体内蔵HDDのデータのみ、ということでしょうか。
でも、「PS3 データのバックアップ方法/データ転送方法」ではバックアップユーティリティでのレストアはできるってなってますよね?
ちゃんと問い合わせでは外付けHDDのトルネの転送について教えてほしいと書いてるんですが、コピペ回答なのかな。

にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

コメントを残す


コメントは承認後に反映されます。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)