【PSP】うたわれるものポータブル アヴ・カムゥ 攻略プレイ日記(16)Vitaでアーカイブス

ニウェ戦で正体の片鱗が見えたハクオロ。この辺りの演出はアニメのほうが詳しいです。戦後のシケリペチムのシーンもゲームでは特に無いですし。ゲームはこの後、各キャラのサブシナリオ的な話が挟まっていきます。
ま、本来この辺のサブシナリオはPC版のご褒美シーンの差し替えなわけですがw

キャラのお当番シナリオが幾つか発生

カミュが血を吸うイベントが発生。ウルトリィに聞きに行きますが回答は得られず。その後、カミュが無意識にアルルゥを噛んで血を吸うシナリオが入ります。自分のやったことを気づいたカミュは思わず逃げ隠れてしまいます。初めて出来た友達を傷つけてしまい嫌われたと思っての行動でしたが、アルルゥたちが心配して探しに来て思わず泣いてしまいます。
アニメでもある名シーンですね。

赤ちゃんのフミルィルに情が完全に移ってしまったウルトリィのシナリオ。フミルィルの親が見つかり返すことになりますが、ウルトリィはその前夜にフミルィルを連れて逃走を図ります。ハクオロに捕まり、ウルトリィの手で赤ちゃんを親に返すように言われます。

フミルィルを親に返すウルトリィ。フミルィルはマーマと声を出して手を伸ばす。その手がウルトリィに伸びている。親たちは自分たちが呼ばれていると思い喜んでいる。
親が立ち去った後、ハクオロに「私のフミルィルを返して」と泣きながら訴えるシーンはかなり切ないですね。後日、戦争孤児院の存在を知ったウルトリィはそこを任せてくれるようにハクオロに頼みます。

エヴェンクルガ族の女性が里を離れるというのは、主を探すという以外に、その血を一族に受け継がせるという重要な任務と期待を負っている。ですがトウカはどうすれば良いのかわからず、事もあろうにカルラに相談してしまいます(笑)結果、ハクオロを寝技で抑えこむという謎のイベントが発生します。なんかこのシナリオだけ、やっつけ過ぎるだろw

メインシナリオでは新たな戦が

エルムイ皇ポナホイがノセチェシカ皇カンホルダリに言われて仕方なくクンネカムンに侵攻しますがアヴ・カムゥの力によりあっけなくやられます。カンホルダリも一刀両断されるんですが、その後死人をゾンビのように扱う術によって蘇らされます。クンネカムンはその後も隣国からの襲撃にあい、その度にクーヤがヒエン・ハウエンクアを率いて倒します。

サクヤが登場。ゲンジマルの孫娘でクーヤの付き人としてハクオロのもとに来ます。サクヤをハクオロの室に、と言ってきます。クーヤ「おまけに床上手だ」
その後もゲンジマルの代わりにサクヤがハクオロを呼びに来ます。戦で心を痛めているクーヤをハクオロがいたわります。

クンネカムン、すべての国に対して宣戦布告

度重なる襲撃に、民の声やそれを先導するハウエンクアの策略によって、とうとうクーヤは全土統一を宣言。全世界に宣戦布告を行います。戦火はすぐにトゥスクルにまで届いてきます。都を放棄し民を避難させるハクオロ。避難の時間稼ぎを行います。

戦闘 ~アヴ・カムゥ~
戦闘ユニット:オボロ、ドリグラ、ベナウィ、クロウ、ウルトリィ、カミュ、カルラ、トウカ

一定時間防衛すればOKのシナリオです。が防衛とか全く関係ないです。
このシナリオではアヴ・カムゥと戦闘を行いますが、ダメージは全く通りません。
アヴ・カムゥに徹底的に関を壊してもらいましょう。
壊しきってもらえばシナリオ終了です。
攻撃しても無駄ですし、下手に近づいて倒されても別にメリットはありません。

最初のプレイで、うたわれるものの今までのファンタジーな世界観に突如としてロボットが登場した時には、かなりビビリましたよw
反則だろこれ、って。

力を開放するハクオロ

オボロ達が時間を稼いでいる間、ハクオロたちは避難の誘導をしているのですがすでに都にまで別部隊のアヴ・カムゥが現れます。クーヤの名によってハクオロを連れてくるように言われたハウエンクアです。彼はハクオロを殺して死体で持って行っても問題無いと思っています。そのため、避難を完了させるまでと、都に戻ってきたハクオロをボコボコにし、それを止めようとしたアルルゥも殺してしまいます。

が、アルルゥの死に激情したハクオロは気がついたら変身し、アヴ・カムゥを撃退していきます。ハウエンクアも倒したハクオロはふと目の前にアルルゥをかばうエルルゥを見ます。そこで意識を失います。

気がついた時には布団の中。死んだと思っていたアルルゥはぴょんぴょんしていて、エルルゥも何も覚えていませんでした。

ユズハが自らの証を残すため、ハクオロにハクオロの赤ちゃんが欲しいと頼むシナリオが入ります。ハクオロとユズハは一夜を共にします。

クンネカムンにより幽閉されたオンカミヤムカイのワーベを救出に向かいます

CLOSE

カテゴリ

CLOSE