ウクレレ(Famous FC-3)購入。ウクレレの始め方、簡易コードに便利な本を紹介します。

先月勢いでウクレレを買いました。元々なんとなくやりたいなーと思いつつ3年、いい加減買おうと。

昔、バンドやってた友人に軽くギターを教えてもらったものの悲しいくらいにコードが押せなくて諦めたのもいい思い出。同時期になぜか部室にウクレレが転がってて3コードくらいをポロポロと遊びで弾いてたものの、自分のを買ってまでやってはなかったんですよね。というわけで、このウクレレが初めて買ったウクレレです。


結果、買ってよかったなぁ、と思ってます。

ウクレレを始めてみたい人のために

折角なのでウクレレをはじめてみたい人のために簡単に紹介します。

ウクレレは大きく4種類にわかれます。小さい順にソプラノ、コンサート、テナー、バリトンになります。ソロ弾きをメインにするならコンサートウクレレかな、というわけで私が買ったのはコンサートウクレレになります。

ウクレレはコードが押せなくて挫折はしないけれど、チューニングができなくて挫折すると言われることが多く。しっかりチューニングできるのは1万円台以上のものが良いです。実際にはペグがチューニングしやすいギアペグであれば特に問題ありません。チューニング自体は電子チューナを買えば簡単にチューニングできます。

私が使ってるのはこちら


一緒に初心者用のウクレレ本を買いました。


以上で、ウクレレを弾くのに十分な環境が整いました。ウクレレは音が小さいので余り必要無いですが、消音器(イレイサー)が必要であれば普通にあります。弦を挟んで弾くと音がほとんどでなくなります。


楽譜は欲しい人は買えばいいんでしょうが、特に買わなくてもネットに沢山あるので私はそれを使ってます。
コード弾きメインであればそれで十分だと思います。

大量のアニソンのコード譜・タブ譜があります。弾きやすいように移調してくれてます。

弾き語り用のコード譜が大量にあります。邦楽はここから拾ってきてます。

弾きたいものは「曲名 コード」とかで検索すれば大抵みつかります。ソロで主旋律を交えながら弾きたい、となると楽譜を買っちゃったほうが良いかもしれません。それ以外にも楽譜を買うと巻末にコードを押さえる一覧がついているので便利です。中でもウクレレジブリのコード譜リストは簡易な押さえ方を書いてくれているので重宝してます


この楽譜がなかったらウクレレのEコードは絶望的でした。個人的には、ウクレレ買って一番手っ取り早く弾くなら以下の動画を見ながら、横にコードリストを置きながら1回弾いちゃうことをおすすめします。

私もこれだけで「あ、ウクレレ普通に弾けるわ」と自信がつきましたw
ウクレレ、楽しいですよ♪
弾きまくって軽く腱鞘炎になっちゃうくらいに(爆)

CLOSE

カテゴリ

CLOSE