映画

【映画】硫黄島からの手紙 感想

鑑賞メモより。映画「硫黄島からの手紙」を観て来ました。私は硫黄島の戦争に関する知識はほぼ皆無でしたが、十分楽しめました。

硫黄島からの手紙 [Blu-ray]
オンデマンド配信中

※配信調査 2018-12-02


役者の演技が良い。援軍も来れなくなった硫黄島の最後の決戦をえがいた名作

指揮官の栗林忠道中将はともすれば問題が起こる戦地で合理的な軍規を進めていく。その栗林中将に尊敬の意を持つ西郷。
この2人がストーリーの主軸。

既得権益を持つ既成士官は、軍規をどんどん変えていく栗林を良くは思わない。くすぶった問題は、米軍の攻撃で一気に噴出。指揮系統は乱れ、日本軍の敗色は濃厚になっていく。

私が好きなシナリオですね。主人公の考えや行動が疑問で突っ込みたくなるような作品ではなく、とにかく最善を尽くしていること。物語を動かすために我田引水、ご都合シナリオにしているわけじゃなく。これが史実というのもまた素晴らしいです。

「自決」は何のためにするのだろうか?

ところで何故、兵士が「自決」という選択肢を取るんでしょう。戦争映画を観てていつも疑問に思うのが兵士の自決。大将ならまだわかるんですが、1兵士が自決したところでどういうメリットがあるのか。

いわゆる「生きて虜囚(りょしゅう)の辱(はずかしめ)を受けず」が集団自決に導いたという話がありますが、そもそも戦争で相手を倒すという点を考えたら、自殺よりも戦って死んだほうが相手の武力を少しでも減らせるのではと。生きていさえすれば相手の戦力を削ぐ機会もあるわけで。

実際、日本軍が大陸戦でニコニコした農民が横を通り過ぎた後、ふと振り返ると武器を持っていて襲われるというゲリラ行為に悩まされて三光作戦をとったという話もあるようですし。(もっともこの三光作戦自体の存在も疑問視されていたりもしますが。)

この映画は戦争映画というよりも「既得権益持った連中とリベラルな改革派との対立」や「集団の統制の重要性」という社会派な作品のような印象を受けました。

硫黄島からの手紙 [Blu-ray]
オンデマンド配信中

※配信調査 2018-12-02


ABOUT ME
makapy
ゲームと本と映画が好き。日常の生活で買ったり使ったものを紹介しています。