【映画】母なる証明 レビュー

映画「母なる証明」のレビューです。
「殺人の追憶」「グエムル」など私の大好きなポンジュノ作品。
初日に観にいってきました。
非常にすばらしい作品でした。
ドキュメンタリータッチで見せる「殺人の追憶」とシュールかつコメディ色を持った「グエムル」をちょうど合わせたような、危ういバランスが最高の作品です。
日本映画じゃまずできないアジア映画ならではのストーリーという感じがしました。

やや知能に問題のある一人息子のトジュン(ウォンビン)と母のヘジャ(キム・ヘジャ)。
ある日、街で殺人事件が起こり、息子のトジュンが第一容疑者として連れて行かれる。信じられない母親は、捕まえた刑事を待ち構えて詰め寄るが、事件は終わったことだと告げられる。
弁護士を頼んでも精神病院4年で我慢しろとの発言に、母のヘジャは1人真犯人を探すために奔走する。

冒頭のクレジットで、いきなり草原の中、母親が「不思議な踊り」を踊り始めたのにはやられました(^^
思わず笑ってしまいました。
この作品、メディアの見せ方が「息子を思う母親の愛情」というきれいごとで宣伝をかけていますが。
観た後は「違う気がする」と感じることでしょう。
もちろん、息子の無実を信じて疑わない母親、ではあるのですが。
トジュンが知的に問題があることをうまく利用したストーリーですね。
トジュンの思い出しによってストーリーが動いていきます。
それがまさかの記憶を呼び起こすとは。
衝撃でした。
結局、この事件の真犯人は誰だったのでしょうか?
トジュンはラストで、なぜ女子高生が屋上で放置されたのかを考えています。
案外頭が悪いわけでは無い気がします。
彼は「怪我をしていたので早く見つけて欲しかったからだろう」と結論付けています。
爺さんはトジュンが石を投げ返して殺した後に屋上につれて言ったのを目撃したといっています。
女子高生の交際相手の1人だった男が最後に逮捕され、衣服の血痕から女子高生を殺したと判断されています。ただ、作中で彼が自ら殺したと発言した箇所は無かったと思います。
観客はトジュンの目で追って女子高生の最後と思われるシーンを目撃していますが、あのシーンが事実だったのかどうかは分からないわけで。
そうなると、いったい真相はどこにあるのでしょうね。
まさに「藪の中」。
石を投げ返した姿を本当に爺さんが目撃していれば、まだトジュンが思い出せていないだけ。
ヘジャはおそらくそう思っているのでしょう。
爺さんが嘘をついているのであれば、犯人は爺さん?
どちらも間違っていないとすると、倒れた女子高生を見た自称恋人が、早く見つけて助けて欲しいように屋上に連れて行ってる姿を爺さんが目撃したのかもしれませんね。
考察すると非常に面白いです。
物語の終盤、警察が真犯人として捕まえた犯人に、ヘジャは「あなたには母親がいるの?」との問いかけの後に号泣します。
あれは自分が犯人と同じ立場になってしまったことに対する悔恨の涙、だったのでしょうか・・・
「お母さん・・・」と言って、必死で血をぬぐうシーンは鮮明に頭に焼きついています。
最後に記憶を封じる鍼を打って踊るヘジャ。
冒頭の草原の中で踊る姿は、この時の映し鏡なのかもしれません。
シュールさの中に隠れるメッセージ性、謎解き。
この作品は、面白い。

カテゴリー

この記事を書いた人:makapy

ゲームと本と映画が好き。日常の生活で買ったり使ったものを紹介しています。

カテゴリ