【映画】20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗 レビュー

20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗 を観てきました。
映画について書くのはずいぶんと久しぶりな気がします。
155分と結構長いです。
レイトショーで観たので終電間際になってしまいました(^^;

最終章は、第2章の2年後のともだち歴3年、殺人ウイルスが
ばらまかれた後からスタートします。
いい切れ目ですね。
また、今回の映画の予告では「原作とは違うエンディング」を
掲げてましたね。
気になりますねw
さて、映画の予告はどこまで真実だったのでしょう??
ラストが迫るにつれ、結構ドキドキでした。
今回は、ストーリーの節々に、ともだちはヨシツネみたいな
伏線がちらちら見えていました。
そして、ラストの敷島教授が作ったロボットがなぜかヨシツネが
操縦してて、ともだち=ヨシツネと勘違いしてるオッチョに
見つかるシーンが。
で、結果。
「結局、ともだちの正体、原作と同じじゃん。。」
おーい。
ちなみに敷島の娘は粛清されてたそうです。
あらら、そこは原作とはずいぶん変わっちゃいましたね。
ラスト、ともだちランドの中でグータララスーダララの歌詞を
カツマタ君がつけるシーンが。
パラドックスですねぇ。
ともだちランドといえば、万丈目がロボットにつぶされちゃった
ので、出てきませんね。
残念。
というか石橋蓮司さんが見れないのが残念なわけですが(^^;
万丈目が関所で飲んでた万丈目っていう日本酒?
こういう小道具。好き。
小泉響子はコンビーフばっか食ってるし(笑
ストーリーの主筋は原作を踏襲しつつ、遊び心が入った本作。
結構面白かったです♪
でも、第2章の方が好きかな?なんとなく。

カテゴリー

この記事を書いた人:makapy

ゲームと本と映画が好き。日常の生活で買ったり使ったものを紹介しています。

カテゴリ