【書籍】悪の教典の新書版で出てる

昨年の夏に発売された貴志祐介さんのサイコホラー小説「悪の教典」の新書版がでてました。
しかも、なんか1冊にまとまってるという・・・。


知ってる人は驚くんじゃないでしょうか。
あのクソ分厚い上下巻が、まさかとw
※レビューは以前の記事参照
悪の教典レビュー
書き下ろしの小説は2年スパンで出してるので、来年辺り新作でないかなぁ。
今度こそ「黒い家」「クリムゾンの迷宮」を超える貴志さんのホラー小説が読みたい。。
夢オチホラーとか犯罪推理小説とかでお茶濁さずに・・・。

カテゴリー , 小説   タグ