【書籍】貴志祐介「狐火の家」 文庫版が発売

貴志祐介の「狐火の家」文庫版が発売されていました。
以前書いた狐火の家のレビュー
違いはあとがきが追加されてることくらいですね。


私は7月に発売された「鍵のかかった部屋」よりは面白いと思います。
手軽に読める短編推理ミステリーが読みたい、って人はいいかなぁと。
独特のサイコっぽい雰囲気を味わえる「黒い牙」は好きです。
もっとも、貴志祐介の大ファンではありますが推理小説なんていくらでもあるのでこの作品が突出して面白いから読んで!とは残念ながらちょっと言えません・・・。

カテゴリー , 小説