ひとかた聖地巡礼。真鶴観光してきた。

「ひとかた」というパソコンの往年のフリーゲームがありまして。
このゲームの舞台は打追町という街なんですけど、そのモデルになったのが神奈川県の真鶴町です。
いつか行こう行こうと思いつつ10数年、貴船まつりという祭に合わせたくてなかなか行けず、昨年ようやく行くことができました。

↓流しながら読むと雰囲気でるかも?

聴くだけで泣ける。

「ひとかた」は、当時流行っていたサウンドノベル形式のゲームです。
ストーリーは伝奇物で、主人公である護が牛鬼を倒すという話です。

もともと私がプレイしたきっかけは、PocketPCという今のスマホみたいなデバイスでパソコンのゲームを変換して遊ぶことにハマってまして、その中の対応ゲームの一つにこの「ひとかた」があったわけです。
最初にプレイしたのは18禁のMIDI版で、その後、エンディングテーマ「螺旋」がついたMP3版をプレイしてこのゲームが大好きになりました。
18禁版は非公開になってますが、MP3版は今でも無料で遊ぶことができます。

【Vector】
ソフト名: ひとかた フリー版
動作OS: Windows 7/Vista/XP/Me/2000/98
機種: IBM-PC
種類: フリーソフト
作者: お竜
ダウンロードページヘ

ストーリーは一本道で途中の分岐は関係ありません。かまいたちの夜のようなシルエットもアドベンチャーには付き物の立ち絵もなく、背景画とBGM、SEのシンプルな作りです。当然音声もありません。
なのに、ストーリーにぐいぐい惹き込まれて、気がつくと夜通し一気にプレイしたのも懐かしい思い出です。

今ではAndroidのONScripterを使えばスマホでプレイできますので観光中も遊んでました。(若干面倒ですが)
そういうのが苦手な方は製品版がでてるので、簡単に遊べます。
製品版にキャラデザがついてるので未プレイの方のために敢えてリンクは張りません。
やっぱり最初は想像力でイメージして欲しいので。

あと製品版は後日談が追加されてるみたいです。
ちなみに私は製品版はプレイしてません。智恵さんのH2Oモデルのお団子頭がなぜかストレートになってるからって理由ではないです。たぶん。

今回の目的は聖地巡礼しつつ貴船まつりを堪能するという、なかなかハードなスケジュールでした。
この記事では聖地巡礼したときの写真を載せていきます。貴船まつりはまた後日→貴船まつりレポート

真鶴は大きく2つのエリアに別れてます。
一つは真鶴港方面、もう1つが岩海岸方面です。

まずは真鶴港方面から。

真鶴港方面

スタートはゲームと同じく打追駅から。

こちらは真鶴駅です。

打追銀座

駅の正面から真鶴港に向かう739号線。おそらくここかと。

移動の選択肢画面。

真鶴港の近くの塀。

※追記…ここは素材を使ったようですがモチーフは真鶴港近くの家らしいです。そんなことも知らず、ここが聖地だ!と勝手に思い込み撮りました。似てるからモチーフはここなのかな?

菅野のおっさんがいる公民館。

公民館は観光協会らしいけれど、どうも新たに建て替えられたのか変わってました。残念。

※追記…観光協会が別の場所に移転された模様。貴船神社の階段の手前の建物が素材らしいです。今は空き家とのことですが、Googleマップで確認したところまだ建物は存在してました。祭のときに何度も前を通っていたので、言われてはっとそういや手前にあったなぁと気づきました…

牛鬼と退治する二ツ角岩。ひとかたの代名詞みたいな絵。

三ツ石遠景。ケープ真鶴という場所から奥に進むと階段があり、そこから降りていけます。

三ツ石近景。階段キツすぎ。256段あります。登るの大変でしたよ…

二ツ角岩への階段。

256段ある階段。絶対、夏場に昇り降りするものではない。死にたくなければ。

岩海岸方面

つづいて、岩海岸方面へ向かいます。
車でないなら一度駅まで行き、岩海岸方面へ歩くかバスで向かえます。

智恵さんがいる郷土資料館。

郷土資料館は民俗資料館でした。残念ながら休日は閉館で入れず。観光だったら休日のほうが開けたほうがいいのではと思うのだが不思議。

蘭ちゃんのいる黒部荘。主人公が居候中。

舞の浜。残念ながら蘭ちゃんはいない。今回は泊まれずのんびり熱海で泊まりました。

牛鎮神社。

真鶴にはいくつか神社があって、貴船祭りの神社は貴船神社なんですが、行ってみたらどうもそっちじゃなさそうでした。こちらは岩海岸の方にある兒子神社。こっちのほうが似ている。灯籠はコピペで増やしたのかな。

※追記→どうも場所自体が真鶴でない模様。

打追大橋。

こっちが岩大橋。ちなみに岩大橋の橋桁のほうがダイビングスポットになってます。

打追町のマップ。

真鶴町マップと比較すると聖地というのがわかりますね。

他にも作中にある遊歩道なんかも行きたかったのですが、貴船祭りの合間に行っていたので時間の都合上いけませんでした。。
学校や喫茶店は未だ特定されていないようなので、もしかしたら真鶴じゃないのかもしれません。

とても居心地がよかったので、また機会があれば行ってみようと思います。

にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

2件のコメント

  • CCK

    初めまして、ひとかたの考察を探していて偶然ここを見つけた通りすがりの者です。
    4回くらい真鶴に訪れてます。
    学校は、恐らく位置的にモデルになったのは駅のすぐ北側にあるところだと思われます。
    パッと見ですが、推察のとおり真鶴のでは無さそうです。
    喫茶店も恐らく真鶴以外の場所と思われます。
    神社は確か熊本で撮られたフリー素材だったような・・・

    黒部荘もとい舞の浜は本当にいいところなので是非一度行ってみて下さい!

  • makapy

    コメントありがとうございます。
    ひとかた考察とは楽しそうですね。

    駅の北の学校ってGoogleマップを見ると真鶴中がありますね。
    外観が少し違う気がするので、ここじゃないんでしょうか。
    今の御時世、さすがに学校に入れてもらうことはできなさそうなので確認するのは厳しいかな…写真取るのも怪しまれそう(笑)

    神社、熊本でしたか。情報ありがとうございます。
    舞の浜は前回泊まろうとしてムリだったんで、リベンジしに行きたいところです。
    まだ遊歩道も行けてないし、資料館は土日休みで入れなかったので。

    余談ですが橋本さんよろしく真鶴でダイビングしました。岩大橋の下で。
    牛鬼に食われた骨の欠片は見つかりませんでしたw

コメントを残す


コメントは承認後に反映されます。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)