【DS】スーパープリンセスピーチ

マリオがピーチ姫を助ける。
今までのスーパーマリオシリーズの前提を真っ向から覆す快作をニンテンドーが出してくれたことにまず感謝。
ニンテンドーらしいしっかりした作りの2Dジャンピングアクション。
かなり良いです。

ピーチが主人公ということでかなりメルヘンチックなステージに仕上がってるのかと思いきやしっかりマリオでした(^^
スーパーマリオ3とかマリオワールドが好きな方はたまらないことでしょう。
もっとも、難易度はやさしめですけど。
マリオといえばBダッシュ。
だけど、本作はデフォルトがすでにBダッシュ状態。
私は2Dマリオシリーズのプレイスタイルとして基本Bボタン押しっぱなしでプレイするので、初めはちょっと戸惑いましたが、まぁ慣れですね。
今じゃ気になりません。
BダッシュがないのはB押しっぱなしの飛び道具があるためかな。
スクリューブレイカーが遅いなぁと感じただけにスピーディーに感じます。
マリオの相棒といえばヨッシーですが、本作にてピーチの相棒として登場したのがカッサー。
このカッサー強力ですね。
今までのマリオで普通に倒せなかったぱっくんフラワーやテレサなんかの敵をバシバシ倒せます。
オプションで滞空時間を長くしたり、飛び道具を飛ばしたり。
あるときは船になったり、あるときはゴンドラになったり。
うーん、ちょっと反則気味な気がしてきた(^^;
ピーチをかわいく見せる演出としても、うまく取り込まれてます。
くるくる回したり、面クリア時にちょっと傾けてみたりと、芸が細かいなぁ。
本作のもうひとつのシステム「きぶん」はゼルダ的な謎解きに使われることが多いかなと。
「哀」モードでダッシュすると通常ダッシュより早く走れるので、落ちるのが早いチクワブロックを突破したり、風車を「喜」モードの風で回して扉を開けたりと単調になりがちなジャンピングアクションのいいアクセントになってます。
タッチパネルの表情はちょっと恥ずかしいけどね(^^;
図鑑やミュージックボックス、パズルピースなど、コレクション要素もあり、またミニゲームもあり、痒いところに手の届く作りはさすがとしか言えません。
是非、シリーズ物として育てていって欲しい作品です。


にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

コメントを残す


コメントは承認後に反映されます。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)