パソコンの時計がリセットされるので直した。

昔メインで使っていたDELLのノートパソコン(XPS M1210)を久々に起動した所、何か挙動がおかしい。
セキュリティソフトの期限も余っているはずなのに期限切れ。
Windowsアップデートもできない。
それでよく見ると、カレンダーが2008年に。
あれ?と思ってカレンダーを直したものの、今度はWindowsアップデートの再起動で再び時計がリセット。
根本的にバグってる、となったわけです。

原因はパソコンの中にあるボタン電池の電池切れ

こんな感じで、起動時に毎回時計がリセットされる現象、そういえば前にもあったなぁと思い出してみたら、マザーボードについてるボタン電池を交換したことを思い出しました。
今回のDELL XPS M1210は購入してからすでに7年が経過しているようです。(購入時の記事)
そこでボタン電池(CMOS電池)を交換することにしました。
内部電池が切れると起動時にこんな画面が。

CMOS電池切れ

パソコンの時計もリセットされています。

パソコンの時計がリセット

CMOS電池の購入

コイン電池は多分DELLに問い合わせればパーツがあればパーツ購入が可能なのでしょうが、幸い互換品がAmazonで売ってました。まさかあるのかよ、と思いましたよ(笑)



1000円でお釣りが来ます。
必要なのはこれだけです。
あとはプラスドライバーとマイナスドライバーがあればOKです。

分解してCMOS電池を交換

CMOS電池、届きました。

CMOS電池

キーボードの上にあるカバーを外します。赤枠で囲ってる場所にマイナスドライバーを差し込んでやれば簡単に持ち上がります。特にネジとかありません。

キーボード上のカバーを外す
キーボードを止めているネジをとります。3箇所あります。

キーボードを止めているネジ

キーボードの下が引っかかっているので外します。
ケーブルがつながってるので注意。
面倒くさいので特に取り外す必要はありません。

ボタン電池が見えます。これを取り替えればOKです。

CMOS電池を交換

電池交換後、1回めの起動時はエラーメッセージが出ますが2度めの起動からは出なくなります。
この電池交換、修理屋さんに頼めば技術料とか取られて1万円近くかかっちゃいますから自分で替えたほうがお得ですね。
難しくもないですし。
ノートパソコンの場合、どこに電池があるのか探すのが面倒なときもありますけどね^^;

にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

コメントを残す


コメントは承認後に反映されます。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)