【3DS】Karous(カラス) The Beast of Re:Eden レビュー

ニンテンドー3DSゲーム「Karous(カラス) The Beast of Re:Eden」をプレイしてみました。
毎度のように買ったまま放置プレイしてたゲームです。

このゲームのジャンルは育成シューティング。
やればやるほど自機の武器やシールド等が強くなっていくタイプのゲームです。
私がぱっと思い出したのがPC-FXの超神兵器ゼロイガーだったりしますが。
プレイして最初に思ったのが、え?これ大丈夫?という感想。
背景は固定で敵が出てくるのを撃ち落としたりソードで切ったり。
ゼロイガーどころか3Dインベーダーを思い出しましたが、ちょっと進めて一安心。
ようやくシューティングらしい動きを始めてくれました。
ただ、それでも無機質な印象は抜け切れません。
これがこのゲームの色といえばそれまでの事なのかもしれませんが、単調なBGMにキャラ絵はアニメ絵なのに声もなく、なんだかチグハグです。
ミッションクリア型なのでゲーム自体も単調な流れにはなるんで、それが更に拍車をかけているのかもしれません。
世間ではスルメゲーなどと呼ばれているようですが、それって悪く言えば大昔のファミコンゲームのように派手な演出がなく単調に進めていくようなゲームとも取れるわけで。スルメゲーといえば落ち物のグンペイなんかも同じ部類じゃないかと思いますが、そう言われてみれば同じ気もしてきます。
ただ、私のシューティングゲームのイメージは爽快感のある音楽に合わせてゲーム自体も爽快感を持ってて欲しいと思ってるんですが、本作はあまりそっち向きの作品じゃないようです。
ハマる人はハマるんでしょうが、私はあまりハマる感じじゃありませんでした。残念。


にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

コメントを残す


コメントは承認後に反映されます。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)