【検定】クトゥルフ神話検定

知人より「受けないの?」と言われつつ、未だにいまいち受ける気になれない「クトゥルフ神話検定」。
7月末にその存在を知り、公式サイトも立ち上がらないなぁと思ってたら8月終わり頃になってようやくサイトとテキストが販売されました。

クトゥルフ神話検定 公式サイト
テキストは上の本です。
サイトが出来るまでは噂の段階で、検索しても朱鷺田さんのブログでそれっぽいのがある告知が書かれてて、一体どこが主催なのだろうと思ってたんですが。
『……日販か。。まあそうだよね』
これが正直な感想でした。
日販はネタ検定を手がけてる業者、というか本業は日本の大手の取次業者です。
取次業者っていうのは本の卸業者とでも思ってください。
クトゥルフ検定もそうなんですが、要は検定のテキストをたくさん売るために検定ビジネスを立ち上げてるんですね。検定とか資格の本って年次で変わりますからね。ドル箱ですよ。
日販はテキストが売れてなんぼですから金になりそうな各種検定をとっ散らかして作成し、「ベルばら検定」「薄桜鬼検定」「化物語検定」みたいなオタク系検定もすでに実施済みだったりします。
金落としそうな所をめがけて投下してるわけです。
ファンからすれば好きな分野の知識確認という意味でイベント的なノリで参加したりするもんなんでしょうね、きっと。
ただ、軽く遊びで受けるのには、このクトゥルフ検定……受験費用が高ぇ。。
両方合わせて1万円近くするんだもんなぁ。。
テキストはしっかり日販の策略通り購入してみました。
結構まとまってて読みやすいです。
文字ばっかりなので基礎知識ゼロで読むと眠くなるかもしれません。
小説のように描写が細かいならまだしも、概略だけではイメージが全く掴めないですからねぇ。
逆に知ってる人なら知識の再確認に向いてるなぁと感じました。
てか、一番驚いたのは試験範囲に日本のサブカル創作を含んじゃってるところです。
ニャル子さんから比較的最近の邪神金融道までw
結構幅広いなぁ。
公式サイトでは3級2級の練習問題があります。
3級は余裕ですけど、2級は派生作品が入ってるから結構ヤバイなぁ……とくに虚(ry
検定ものの基本は1回めを受けること。
受験者のレベルを図るためか、だいたい初回は優しいんですよね。
でも、、受けるかどうかは保留。
締め切りは10/29か。
最後に余談ながら別に日販の検定を否定してるわけじゃないです。今年、神社検定とか受けてるしw
手口がキタネェと思うだけです。
神社検定は3級2級併願で受けて、3級は通りましたが2級は落ちました。
3級は過去問だけやってテキスト読んでません。2級はテキストも読んでなかった(48か49点だった)。。
しかもどうやら、テスト範囲が来年変わるらしいです。
まだ2回しかやってないのにテーマが変わるんですよ。
2級のテスト範囲は2級と3級のテキストから出るんですけど、再挑戦するなら合計4冊7600円を買い直して勉強する必要があるという状態です。。
これが日販の検定商法。えげつないでしょ?


にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

コメントを残す


コメントは承認後に反映されます。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)