【映画】ポン・ジュノ監督の最新作「スノーピアサー(雪国列車)」が2014年2月公開に。

「殺人の追憶」や「グエムル」などを手がけた韓国の監督ポン・ジュノの最新作「スノーピアサー(旧タイトル「雪国列車」)」がようやく日本で公開されることが決まったようです。
公開予定は2014年2月。……遅っ!!

この作品、もともとは「雪国列車」というタイトルだったはずなんですが、いつのまにやらスノーピアサーって名前に変わってたんですね。
↓あらすじをwikipediaより
2014年7月1日。地球温暖化を食い止めるべく、人工的に地球を寒冷化させるという実験のもとに、CW-7と呼ばれる特殊な薬品が世界78か国で散布された。しかし実験は失敗し、地球上の全ての陸地が雪に覆われ、氷河期が到来。結果、多くの人々が死滅する惨事を招いてしまった。わずかに生き延びた人類たちは、永久機関で動き続ける列車「スノーピアサー」に乗り込み、辛くも一命を取り留めた。それから17年後の2031年。スノーピアサーの中では、先頭車両に住むエリート層が全てを支配し、貧困層は劣悪な後方車両に押しやられるという徹底した階級社会が生まれていた。貧困層に生まれた男、カーティスはそんな自分たちにのしかかる理不尽な運命を打ち砕くべく、仲間と共に反乱を企てる。
要は列車という作りをしたシェルターの中での内乱を描いた話です。
今までのポン・ジュノ作品とは明らかに毛色が違うので期待と同じくらい不安がありますが、新作が見れるのはとても嬉しいことです。
すでに韓国では公開されてて、観客動員数が900万人を超えたとか、おいおい盛りすぎじゃね?と若干首をかしげるニュースが流れてますが、ヒットしてることは確かなようです。
公式サイトは出来てますが、コンテンツはすっからかん。角川、本気出してw

にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

コメントを残す


コメントは承認後に反映されます。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)