【危険】「近所のおじさん」で検索したらひだまり荘の獣人がいっぱいいた……

アニメと共に第4期を迎えてなお、1期より名前を変えながらも連綿と受け継がれているひだまりラジオの名物コーナーと言えば「ひだまり荘の獣人」。

「ちょっと変わった個性的な人を紹介する」という名目でありながら、鎌を持った爺さん(通称釜爺)や看板おばさん(紹介後逮捕されるw)など、初期からぶっ飛んだヤバイ住人を紹介してきたこのコーナー。
※サンプル動画(第1期は全て有志の方が映像化していたw)

もはや私の中では「ひだまりラジオ=ひだまり荘の住人」とも思えるほどに愛して止まないコーナーなんですが、2月配信分のひだまりラジオ(ひだま~ぶるラジオ×ハニカム)には流石に合わなかったかコーナーがカットされていて涙を流したわけです。
そんな訳で獣人成分が足りない私は何となくおみんちゅの名言よろしく「ググれカスしますね」と、「ヤバイおじさん」で検索してみましたが、予期した結果は得られず。

で、そもそもこのコーナーって2000年前後に流行った街の名物おじさんみたいなのを探すやつだなぁと思いながら「近所のおじさん」で検索してみたところ……大量にヒットしました。
てか、ヤバイです……。
なんかどれもこれも赤色の住人なんですけど。
ちょっと思い込みかなと思うイエローな獣人から、ガチでレッドな獣人まで、様々。
あぁ成る程、だからレッドは読まれないのか、オサダスの判断はとっても正しかったんだんだなぁ、と軽く反省したのでありました。

「近所のおじさん」は検索してはいけない言葉だったんだなぁ。
ここでは内容は敢えて書きません。
どうしても知りたければご自身の目でお確かめくださいませ。
読んで後悔すると思いますが。

にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

コメントを残す


コメントは承認後に反映されます。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)