【PCモニタ】MITSUBISHI 23型ワイド液晶ディスプレイ 3D対応 RDT233WX-3D 購入レビュー

前々から買おう買おうと思ってたモニタをようやく買いました。
やはり勢いは大事です。

今回新たにモニタを買ったのは「D端子接続ができる外部ディスプレイが欲しかった」から。
今時アナログ信号のD端子接続て、と思われるかもしれませんが、これは以前記事に書いた「【PS3×Torne】トルネの映像をノートパソコンで再生する。」で購入したビデオキャプチャー「HD PVR HD-PVR-C」のモニタ出力方法がD端子しか存在しないためです。
必然的に「D端子接続が可能なモニタ」という非常なまでに狭い狭い分野のモニタを探すことになりました。

D端子は勘違いされてる方が非常に多いですがデジタルではなくアナログ映像信号用の規格です。
日本独自の規格のため、海外の安いモニタを探してもまずD端子接続が可能なモニタにはぶち当たりません。
もう何も考えずにD端子接続が可能なモニタと言えば「三菱製のモニタ」の中から選ぶのが手っ取り早いのです。(三菱社製のモニタはなぜかD端子接続が可能なモニタが多いです。もしかしたらほぼすべて可能なのかも。)

その中で、価格面的には「MITSUBISHI 23型ワイド液晶ディスプレイ RDT234WLM-D」の方がはるかに良かったのですが、せっかくだから3D対応のモニタである「MITSUBISHI 23型ワイド液晶ディスプレイ 3D対応 RDT233WX-3D」を選んでみました。
3D要らないならRDT234WLM-Dで十分です。しっかりD端子もついてますし。
到着して早速セッティングして遊んでますが、映像はさすがに綺麗ですね。
普通にPS3をプレイするときはHDMI端子を有効にして遊んで、動画をとるときにD端子を有効にしています。
両方を同時に挿してもまだHDMI端子が1個余ってるのでこっちには地デジチューナーからのHDMIを刺しておこうと思います。

非常に便利なモニタですが欠点が1つ。
音が(というかスピーカーが)悪いです。スカスカです。
モニタにくっついたモノでそもそもテレビなんかと一緒と考えるからダメなんですね。
ちゃんとしたスピーカーに繋ぐか、ヘッドホンで楽しむなら問題ないです。

にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

コメントを残す


コメントは承認後に反映されます。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)