【Wii】零~眞紅の蝶~プレイメモ。4章「秘祭」

ニンテンドーWii「零~眞紅の蝶~」プレイメモです。
ゴーストリストを埋めるべく2周目のプレイ日記です。

第4章は繭と一緒に黒澤家の東側にあると思われる出口を探すことになります。
以下、探索の流れに沿ってゴーストリストを埋めていきます。
多いです。
■雛壇の陰の子供 黒澤家/2階/雛壇の間
地縛霊。雛壇パズルを解くと右側のスキマを調べたらいます。
■たれさがる手 黒澤家/2階/客間(2周目)
■逃げ遅れた女 黒澤家/2階/客間(2周目)
客間に入ると、正面の丸窓から手が垂れています。
まずファインダーモード(重要)にして、手に近づきながらサークルが反応したらショット。
そのまま、手に近づいていくと、丸窓に上から女が降ってきます。かなり驚きます^^;
これを撮ると「逃げ遅れた女」が埋まります。
■語りかける男 黒澤家/2階/客間廊下
客間廊下の角を曲がると現れます。
普通に撮れますが、不安ならファインダーモードにして曲がった先をファインダーに収まるように調整したままカニ歩きしていけば綺麗に撮れます。
■呼びかける男 黒澤家/2階/坪庭階段
階段を降りている途中に繭の後ろに現れます。
ファインダーモードにした状態で後ろ向きになり後退りしながら階段を降りていくと、出現した時に取りやすいです。この状態だと、軽く繭のパンツも見えたりしますがご愛嬌。
■庭に立つ女 黒澤家/2階/坪庭階段
階段を降り切ったら中央にサークルを合わせてショット。
■力つきた男 黒澤家/1階/納戸
大広間にある押し入れの中に入るといます。
2章でサイドストーリーを進めていればここで「血のついた指輪」と強化レンズ「吸」を入手できます。
※大広間を出たところでかならず廊下のセーブポイントでセーブ。
ここから先、撮影しづらい霊が出てきます。
★「儀式を願う男」とどちらかしか撮れません。
■暗闇を横切る足音 黒澤家 玄関
■布の傍らに立つ男 黒澤家 玄関
玄関方面に向かうと、暖簾の前に足だけが横切りるのでショット。
玄関を調べて廊下に戻ると「布の傍らに立つ男」が出るのでショット。
★「暗闇を横切る足音」とどちらかしか撮れません。
■儀式を願う男 黒澤家/玄関
玄関に向かわず先にカギを開けようとすると出現します。
■穴を覗く子供 衝立の部屋
階段を登り、穴を覗いた後に戻ろうとすると現れます。
階段を降りる途中に鞠が落ちるので、鞠を穴に入れるとカギが手に入ります。
■戸を開ける子供 黒澤家/1階/物置部屋
鍵を開けて次の扉に進もうとすると出現します。
■走り去る子供 黒澤家/1階/布の廊下
高難易度です。
「戸を開ける子ども」のあと部屋に入り、布の廊下に進もうとすると現れます。
ファインダーモードにしても解除されます。
廊下に向かいながら、出現したら即ファインダーモード、右から左に走っていくのでファインダーを合わせながらショット。
■横切る子供 黒澤家/1階/布の廊下
廊下を進んでいくと現れます。
オートフォーカスされるようになったので比較的楽に撮れるようになりました。
■すがりつく影 黒澤家/1階/土蔵廊下
繭の足に絡んでくるのでショット。
■土蔵を調べる男 黒澤家/1階/土蔵
鍵を使って開けて進むと現れます。
入ってすぐにファインダーモードにして座敷牢に向かえば確実に撮れます。
■囚われた男 黒澤家/1階/座敷牢
座敷牢の奥に登場します。
■儀式を進める男 黒澤家/1階/布の廊下
座敷牢の後、廊下に戻ると仏間の扉の前に出現します。
■双子を待つ宮司 黒澤家/2階/格子の部屋
仏間の階段を降り、儀式へ向かう通路を進んだ先にある部屋に入ると現れます。
縄の間で陰の鍵を手に入れて戻ります。
■何かを話す男 黒澤家/2階/当主の間
仏間の仕掛けを繭に踏んでもらって2階の隠し通路を進むと、先にあるスキマから当主の間が見えそこに現れます。
■顔を隠した宮司 黒澤家/仏間
怨霊です。仏間で戦います。
■天窓から覗く男 黒澤家/1階/布の廊下
当主の間に入れるようになった後、布の廊下に万葉丸が落ちています。
取ると、天窓に現れます。
■蝶の本を祀る宮司 黒澤家/2階/当主の間
■贄の本を祀る宮司 黒澤家/2階/当主の間
■楔の本を祀る宮司 黒澤家/2階/当主の間
■償いの本を祀る宮司 黒澤家/2階/当主の間
当主の間に入ると4体同時に現れます。61式なら3体まで連続して撮影できます。
本棚パズルを解くと、陽の鍵を手に入れます。
本棚パズルの答えは「紅キ羽」「双子」「禁忌」「人柱」「災厄」です。
座敷牢に向かいます。
■秘祭を調べる男 黒澤家/1階/座敷牢
座敷牢の中に入ると奥に現れます。

にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

コメントを残す


コメントは承認後に反映されます。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)