【Wii】零 ~眞紅の蝶~ 感想

Wii「零 ~眞紅の蝶~」をプレイしています。
現在2章クリア。約1時間くらいです。

このゲームはPS2「零 ~紅の蝶~」の移植です。
原作は10回くらいはクリアしててミッションもオールクリアしちゃってるので、基本的な流れは分かっちゃった状態でやってることになるんでしょう。
本作をプレイして1番の印象は、やはり動画をみて不安だったのがものの見事に的中しました。
「視界が狭い!!」
零はカメラアングルが非常に優れてて、3D酔いを起こしやすい私でも気持ちよくプレイできるので大好きだったのですが、本作は最低ですね。
絶対任天堂が口出しただろ、これ・・・よけいなことするなよな・・・
ただでさえWiiのリモコンでプレイするから僅かな手振れでゆらゆらするのに、視界が狭くなったせいでブレると揺れが酷いです。
2章終了時点で一呼吸置いたのは、この3D酔いが耐えられなかったからです。
操作性は前回できなかった横移動が可能になったのが良かったですかね。
・・・ま、これもPS2版は出来てた気がしないでも無いですが。
目新しさといえばロックオン機能でしょうか。
Zキーで敵をロックできるという、あからさまに難易度が下がるような機能ですが、微妙に使えないので使ってません。ロックしても装備機能の「追」のように視界が中央に来るわけでは無いので。
イージーで始めたからか、封印霊を解除するとわざわざ解除箇所を教えてくれます。
本作のプレイが始めてならノーマルでやったほうが楽しめるかも。
ノーマルでも教えてくれるのかな・・・このゲームは探索が楽しいのにね。
あとチュートリアルで強化レンズ機能は全部を一気に使うみたいなことが書かれてたんですけど「刻」と「零」と「滅」を装備してたら全部一気に使うんですかね。どうなんだろ。
何にしても、零シリーズで一番難易度が低い紅い蝶の移植ですけれど、個人的には3D酔いが最大の敵になりそうです。
探索するのにも視界が狭いからふらふら揺れながら探さないといけないのが、やっててイライラします。
今のところ「Wiiに移植されてよかった」と思えるところがひとつも見当たらないので、のんびりやろうと思います。
ほんとは今日中に1回クリアするつもりでしたが、とてもその気になれませんでした。。
ちなみに、多分イージーなら6~7時間もあれば越せるんじゃないかな。
初回は射影機も弱いのでイージーでも時間がかかるんですよね。


にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

コメントを残す


コメントは承認後に反映されます。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)