“PS4”は来年登場? PS3との互換性はなし?

PS3が発売されたのが2006年11月11日。
一般にゲームハードの寿命(物理的な意味ではなく)は5年と言いますが、PS3が発売されて今年で6年目だからそろそろ次世代機が出ても不思議じゃないですよね。

で、ITmediaさんところで出てた記事。
“PS4”は来年登場? PS3との互換性はなし?
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1203/29/news062.html
だいたいこんな概要
・2013年の年末商戦向けに発売を計画
・開発コードネームは「Orbis」
・PS2/PS3との互換性なし
・中古ソフトはオンライン課金しないとできない
なかなかの残念ハードですね。
下位互換が無いのはアーカイブで稼ぐためでしょうし、中古ソフトも課金ってのもDL販売とほぼ変わらない金額を絞るためってのは想像がつきます。
ぶっちゃけ、売れる要素がない気がするんですけど。
PS3ですら代表ソフトって聞かれてパッと思い浮かぶゲームが無いし・・・これでよく4出すって話になるもんだなぁと。
ただゲーム事業自体は去年とうとう黒字になっちゃってるから、これからの既存ハードの利益分をVitaとPS4の投資に回しつつ、アーカイブで手堅く回収していくんでしょうね。
なんか先細りしそうな構図だけど。
WiiUもイマイチ魅力を感じないので、また2000年前半のゲーム暗黒時代が到来しそうな気がしないでもない。
WiiUの公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/n10/e3_2011/02/
コントローラーでかいですよねぇ。
64やドリキャスのコントローラーもたいがいだろと思ってたけど、そんなレベルじゃなかった。

にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

コメントを残す


コメントは承認後に反映されます。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)