【DVD】つれゲー Vol.2 松来未祐&阿澄佳奈×恐怖体感 呪怨 発売。

スカパーでやってる声優の実況プレイ動画「つれゲー」の第二弾がAmazonのカタログに追加された!
追記→見たのでレビュー書きました。
待ってましたよ!

amazonの売り上げランキングには出てないので、たぶんまだ販売前かな。
1日で売り切れたらDVDランク100には入ってるはずだからね。
(追記:7/25に販売開始されました。)
このつれゲー、まぁ見たほうが早いので、こんな感じ↓

第1弾は「絶体絶命都市」でした。
何とも哀れというか・・・。
せっかくつれゲーっていうめっちゃ面白い販促動画が生まれたのに、全シリーズ販売中止って。(津波+地震ネタだしね・・・)
そして第二弾がまさかの「呪怨」ですよ^^;
なんだろう、この企画者センスが良すぎるw
このWiiの恐怖体感呪怨は私もやってて、ブログにレビューも書きましたが。

Wii「恐怖体感 呪怨」レビュー
半端ないクソゲーです。
恐怖はあるにはあるんですが、最初のうちだけ。
ラストステージ行くのに同じステージを何度もやるんですけど、FPSなのに亀より遅い動きでダッシュも出来ず。
さらに懐中電灯がセンサーから外れると認識不能になるというバグ付き。
ちなみに「呪怨」の開発はフィールプラスっていう会社。
出すソフトクソゲーのレッテルが貼られてる地雷会社で、さらにいうと今日発売されたこれもこの会社。



ゲド戦記といい、ネガティブキャンペーン、流行ってるのか??
もっとも今回はシステムの焼き直しソフトであることと、値段が値段なだけにそこまで痛いレビューは少ないかもw
と思ったけどレビューよく読むと高得点は提灯ぽい上に平均レビューは3点だから、あんまり変わんないですね。
最初見たらおっ!て思ったけど、マーベラスだから一応調べたら開発がフィールプラスだったので買うのをやめましたよ、わたしゃ。
早速、純正コントローラが動かないってバグ報告が。モーコン持ってないとプレイできない上に、メーカー問い合わせにも無視らしいですわ。
さすがフィールプラス。外れないな。
まぁ、そんなフィールプラスネタは置いといて、肝心の呪怨は最低の作品なんですが、
ただ・・・仲間集めてちょっとだけ遊ぶ分にはそれなりに使えるソフトかも、と。
このゲーム、本気クリアを目指さなければ、いきなり手がニョロっと出てきたり、霊が飛び出してきたりして結構ビビリます。
電気消して、何人かで遊ぶ分には、動きのトロトロ感はそこまで気になりません。(最初だけね)
なので、ホラーとかやったことない人にプレイしてもらって、それを楽しむというのが、このゲームのあるべき楽しみ方なんだろうなぁ、と。
ついこの間、都内某所でホラーゲームオフをやって思いましたw
そういう点で、この「つれゲー」と「呪怨」の組み合わせは素晴らしすぎると。
実際、動画見たら、続き見たくなりますよね~
早く出して欲しいぞっ!と。
個人的に大好きな「あすみんとまんまる先輩の掛け合い」と「ホラーゲーム」。
いやぁ、いい企画だ♪
最後に・・・呪怨はほんっとーにクソゲーだから。。
買う人は、ちゃんとamazonのレビューを読んで・・・。


にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

コメントを残す


コメントは承認後に反映されます。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)