貴志祐介の新刊「鍵のかかった部屋」が7/28。ラジオドラマから『発売前に』犯人とトリックを当てる企画がスタートしてた!

「新世界より」「悪の教典」などの著者、貴志祐介さんの新刊が7/28に発売される。
※追記→読んだのでレビュー書きました。【本】貴志祐介「鍵のかかった部屋」レビュー

この作品は、「硝子のハンマー」で生まれ短篇集「狐火の家」などシリーズ化が進んでる防犯コンサルタント(元?泥棒)の榎本径と自称(笑)敏腕弁護士の青砥純子の推理物の短篇集。
でキャンペーンページが出来てたんで観てみたらマジかよ!ってネタが。
↓キャンペーンページ
http://www.kadokawa.co.jp/kagi/
まず、ラジオドラマがある!
おいおいw
でそのラジオドラマを聞いて犯人とトリックを当てろ、と。
むろん、締切りは本の発売前。
発売されたら答え載ってるからねw
正解者から抽選で5名にメッセージ入りサイン本とキーケースがもらえるらしい。
プレゼントはともかく、ちょっとやってみたいよね。

にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

コメントを残す


コメントは承認後に反映されます。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)