【ゲーム】零~刺青の聲~ on PS3 プレイ日記(3)

さて、PS3で楽しむ零~刺青の聲~
前回は怨霊化した瀧川吉乃を倒して現実世界に戻ったところで
セーブして終わってた。

深紅ちゃんはさらに吉乃について調べている模様。
再び眠りにつくと、前回吉乃を倒した場所で目を覚ました。
吉乃がうずくまってたところには「角立て井筒の鍵」が。
確かこの鍵、地下の小さい扉に同じ模様があったはず。
ってことで、早速地下に・・・行こうと部屋をでたら
また吉乃が襲ってきた。
ええい、邪魔だとパシャパシャ。
この辺で、ポイントが溜まったので射影機の最大枠拡大を購入。
地下の鍵を開けるとロの字型の通路が。
壁からぶら下がった手が。
斬新なオブジェだ。とりあえず撮影。
扉から外に行くとそこに広がる中庭。
あ、優雨を追いかけていったときに見た風景ね。
優雨を追っかけるために先の扉を目指すも鍵がかかって開かない。
仕方なく人の形のシミが付いた廊下に戻る。
で現れる怨霊2体。
クセモノめ、とパシャパシャ。
ようやく射影機のプレイ感覚を取り戻してきた^^
するとアイテムおっことしていった。
眠り石。
これは、階段登った先の扉の鍵だな、ってことで
ダダダーっ階段を駆け上がっていく怜。
扉の仕掛けはとてもシンプル。
扉に書いてる数字だけ石を動かせばOK。
いちいちこんな仕掛けを施したこの家の住人って不思議。
扉をくぐると屋根瓦の上。
怖すぎ。
こんなの通路じゃないよ・・・
しかし冷静な怜は、淡々と瓦の上を進むのですw
ふと眼下の中庭をみると扉に向かう優雨が。
屋根瓦の上を歩いて先にある部屋に入ると向かい橘の鍵が落ちてた。
取ったら案の定戦闘開始。
ふっ。
カンを取り戻した私に敵う筈もないわw
とパシャパシャっ。
中庭にいそいそと戻って鍵を開け、たら起きた。
起きたら電話のベルが鳴ってる。
あら何かしらっと電話をとると深紅ちゃん。
吉乃の追加報告だった。頑張るなぁ。
私の机に報告書置いといた、というわけで
初めて深紅ちゃんのお部屋潜入です。
・・・すげー和風テイスト^^
日本人形が棚の上に。
うーん、あれだけ大変な目にあってるのに
まだ和風テイストで部屋をデザインする深紅ちゃん。
ステキです。
ここで吉乃のような蒸発する入院患者は現場では
知られているという情報をゲット。
ついでに霧絵に取り込まれたお兄ちゃんの写真もゲット。
その後、写真とってたのを現像。
この写真の解析は夜に部屋にいる深紅ちゃんにお願いした。
パジャマ姿の深紅ちゃん、かわいいw
でも、会話が抑揚がなく淡々としすぎて怖い・・・
そんなふうに思ったかどうかは分かんないけど
怜は部屋に戻って再び寝る。
夢の世界に入ると、そこは扉の先だった。
三之刻へ。

にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

コメントを残す


コメントは承認後に反映されます。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)