【DVD】DEEP BLUE(ディープ・ブルー)

DEEP BLUE(ディープ・ブルー)をようやく見ました。
購入して1週間くらいでしょうか。
すごすぎます。
CGじゃないの?? と勘ぐりたくなります。


サメの群れの中でカメラを回したり、クジラが大口を開けている瞬間が撮られてたり。
ペンギンがアシカのように腹ばいになって氷の上をすべるシーンなんて・・・。
極寒の吹雪の中、小豆島の猿団子のようにまとまるなんて・・・。
前にも書きましたが深海魚はやっぱりいいですね。
まさしくエイリアンです。
最後のほうの鳥が群れになって海の中を泳ぎながら魚を捕獲する様は圧巻です。
普通に泳いでます。
てっきり水面の浮いてきた魚だけを取るのかと思っていました。
動物にメインを置いた本編に対し、メイキングは人間をメインに製作舞台を生き生きと撮影されていて、個人的にはメイキングの方が好きになっちゃいました。
次は、元となったBlue Planetを見ようと思います。
<追記>元ねたBLUE PLANET日本語版が発売されました。


にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

1件のコメント

  • 天と地と

    『ディープ・ブルー』を観る。 5.1chサラウンドで聞くと癒されます。予想以上に神秘的な映像で本当に実在する映像なのか?どうやって撮影しているのか?と考えてしまうくらいの綺麗な映像でした。早送りやスローなどを駆使しているので実際の魚のスピードや海の生き物の大きさなどが今ひとつ分かりにくい箇所があったものの、一番の記憶に残るのは、やはりシャチがアシカを狩りする衝撃的映像だろう。 人間は人それぞれ色んな顔をしているが、人間以外の生き物から観た人間の顔は魚のように、男女関係なく同じ顔に見えているのでしょうか。動物同士も人間には同じ顔に見えるけど、いろんな顔をしているのかもしれませんね。 宇宙に住めても海底には住めそうもないですね??。寿司食べるときに、また「ディープ・ブルー」を思い出すかもしれない・・・

コメントを残す


コメントは承認後に反映されます。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)